アクトコールの第二四半期決算説明会


下方修正後、どうも値動きが芳しくないアクトコール。
第二四半期決算説明会が開かれたようです。
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?template=announcement&sid=11675&code=6064
やはり、前二四半期は成長への投資の期間として位置づけられていたようで、販管費等の費用が大きく膨らんでいます。
しかし、売り上げはあまり伸びていません。
これが下方修正につながった原因かと思います。
アクトコールが買収した家賃決済代行会社であるインサイトが今後どのように収益に貢献してくるかが問題となりそうです。第三四半期から損益計算書にインサイトの収益が計上されるということなので、第三四半期の決算次第では、ポートフォリオにおけるアクトコールの保有比率を引き下げるかもしれません。
事業素質は決して悪くはない企業ですし、市場規模も1300万戸以上あるのに対し、アクトコールは小さい規模で成長余地はまだまだあります。
再下方修正もあるかもしれませんが、とりあえずは、ホールドの方針で行きたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。