2013年11月~2014年3月ポートフォリオ

この記事は約19分で読めます。

2013.11.20
2013年11月19日の会社発表によると、アサンテが東証1部指定を申請するようです。
実現すれば、IPOで東証2部上場後1年も経たずに、東証1部昇格となりそうです。
そうすれば、機関投資家や外国人投資家の投資も期待できるでしょう。
ただし、同時に経営陣である大株主が、株式の売り出しを決めたのが大きな問題点です。
114万株の株式+オーバーアロットメント方式で17万株という極めて大規模なものです。
発行済み株式数が約1200万株あることから、約10%の株式が売りに出されます。
この事態の解釈としては、
・経営陣が来年からの株式売却益の大幅増税の前に、売却したかった。
・一時的な需給の悪化が生じ、株価は下落に向かうことが想定される。
・売り出しにより、流動性が高まるため、市場の活性化という意味では良い方向に向かう。
と見ることが出来ます。
本来なら、大株主の売却は売りの要素ですが、今回は、大株主の売却が税制面での変化による売却であると推定されることや、ファンダメンタルズは良好であることから、ホールドという方向で考えていきたいと思います。

2013.11.21
少し古いニュースになりますが、超絶下方修正の思い出(?)のため。
連結当期純利益が予定比マイナス90%です。
営業利益段階でも予定比マイナス70%です。
当社のような、一定の収入は期待できるストックビジネスにはあり得ない数字だと思うのです。
まさに絵に描いた餅といっても過言ではないような計画の杜撰さです。
会社側の言い分としては、プロジェクトの期ずれが原因であると書いてありますが、本当なのかと思ってしまうくらいの下方修正ぶりです。
一時期は、成長株に見えていたアクトコール。
住生活にかかわる困りごとを解決していく企業は、ストックビジネスに見え、手堅いものに見えました。
しかし、実際は、なんだか訳のわからないうちに業績を下方修正し続ける企業だったようです。
前回の下方修正&ストックオプション大量発行による大暴落によって、大損害を受けました。
一時はポートフォリオの10%を投資していたこともあります。
平均取得単価 @1,770→平均売却単価 @1,450で完全撤退という大損害を受けましたが、今は、アクトコールの下方修正におびえることなく投資が続けられていることが唯一の救いでしょうか。
小型株投資が失敗すると、こうなるのだということを痛感させられる今日この頃です。
やはり、小型株には特に企業分析の大切であることを思い知らされます。

2013.11.21
まとめてやると、面倒なため、コツコツ更新することにしました。
おおよその数値です。
オンリー  買い増し
平均取得単価 @85,000
       @84,500 
       @85,600
       @86,500
山田コンサルティンググループ 買い増し
平均取得単価 @1,900
ミサワ 買い増し
平均取得単価 @1,350
       @1,320
       @1,350
アサンテ 買い増し
平均取得単価 @860
       @880
アジュバンコスメ 買い増し
平均取得単価 @810
       @830
ハブ 買い増し
平均取得単価 @3,750
       @3,800
ハピネスアンドディ 買い増し
平均取得単価 @1,070
買取王国 買い増し
平均取得単価 @1,190

2013.11.29
2013年11月分パフォーマンスは、ポートフォリオの約10%を占めるアサンテ株が軟調に推移したため、低調に終わりました。また、来年から上昇する税金への対策のため、一部銘柄を売却したことから、支払税金が嵩み、パフォーマンスに悪影響を与えました。
おおよその数値です。
11月月間パフォーマンス -3.5%
設定来(2013年7月1日)パフォーマンス +16.2%
11月のTOPIXパフォーマンス  1,199.68→1,258.66 (+4.9%)

2013.11.29
2013年11月21日~11月28日分の売買記録です。
ウォーターダイレクト 全部売り
平均取得単価 @730
平均売却単価 @650
・当社の主力商品である、ウォータサーバー事業が夏場にも関わらず、利益が上がっておらず、またそれに対するIRも十分とは言えなかった。
・業績修正された利益水準から見ると、バリュエーションが割高である。
・売上高は上がってきているので、適正な利益が計上されることが確認されれば、割安な水準で買い戻すことも検討したい。
・株主優待の新設は評価したい。
ロジコム 全部売り
平均取得単価 @610
平均売却単価 @580
・逐次撤退完了。
・バリュートラップにはまったようなので、脱出しておきました。
アジュバンコスメジャパン 一部売り
平均取得単価 @750
平均売却単価 @850
・投資に値する銘柄だと思うが、あまりにも投資比率を高めすぎた感(ポートフォリオの約10%)があるので一部売却。
新田ゼラチン 全部売り
平均取得単価 @630
平均売却単価 @1,010
・他の銘柄に投資するため、利益確定した。
ティア  全部売り
平均取得単価  @390
平均売却単価 @1,090
・バリュエーションの面で魅力が薄れてきている。
・事業素質は良いと思う。
ディップ 全部売り
平均取得単価 @260
平均売却単価 @640
・人材関連であり、景気回復が続いていることから、まだ上値は狙えると思うが、いったん利益確定。

2013.11.29
山田コンサルティンググループ 買い増し
平均取得単価 @1,980
買増後平均取得単価 @1,670
・上方修正したにも拘らず、あまり織り込まれていないようだ。
パラカ 新規買い
平均取得単価 @820
・以前保有していて利益確定したが、また割安になったので新規買い。
・駐車場事業はある程度利益が読める。
アサヒ衛陶 新規買い
平均取得単価 @85
・低位株も少しは買ってみようかと思った。
・業績は改善傾向にあり、復配もそのうち狙えるのではないか。
はせがわ 新規買い
平均取得単価 @705
・仏壇仏具の小売店。地味すぎてよい。
・しっかりと成長している。

2013.11.29
原点に返って、グレアム先生の考え方に近い銘柄に投資したくなり、先生の教え通り、多数の銘柄に分散投資してみました。
また、インフレーションが進むと土地持ち企業がこれからさらに注目されるようになるのではないかと思い、組み入れました。既に、東京都競馬、昭和飛行機工業、よみうりランドなど目立ったところはだいぶ買われてしまっているので、マイナーな銘柄に絞りました。
中部鋼鈑 新規買い
平均取得単価 @430
・PBR0.25倍の割には、収益も安定しており、配当も出している。
・扱っているものは、コモディティだが、景気循環型の銘柄も少しは組み入れたいと思った。
マルキョウ 新規買い
平均取得単価 @515
・PBRはなんと0.2倍。収益はじり貧と会社四季報にも書かれてしまっているが、一応営業黒字。
・スーパーマーケットなので、日銭商売であり、すぐに潰れることはないかと思った。
・予定配当利回り3%超。
日新製糖 新規買い
平均取得単価 @2,170
・砂糖という必需品に近いものを取り扱っているので、事業の安定性は高そう。
・キャッシュがザブザブ。配当金か自社株買いに回したほうが良いかと思います。
・予定配当利回り約2.8%
・住友商事様がバックについている様子。
サイボー 新規買い
平均取得単価 @530
・繊維ではほとんど利益を上げておらず、不動産賃貸事業やゴルフ練習場事業で利益を上げている。
・予定配当利回り約2.6%
ダイドーリミテッド 新規買い
平均取得単価 @630
・繊維事業は赤字。不動産賃貸業でどうにかしのいでいる。
・予定配当利回り約4.8%(!)。そこらへんのJ-REIT並。
瀧上工業 新規買い
平均取得単価 @390
・有利子負債ゼロの好財務。
・鉄骨・橋梁が主力事業であることから、公共事業拡大の影響を受けるのではないか。
アピックヤマダ 新規買い
平均取得単価 @135
・財務や利益に特筆するべき点がなく、また、無配である。
・タイの洪水で大赤字を計上したため、業績の回復が期待できそう。
・継続前提に重要事象。
三精輸送機 新規買い
平均取得単価 @430
・好財務である。
・劇場やテーマパークを主な顧客としている舞台装置大手なので、もしかしたらカジノ解禁で買われるかもしれない。
ホシデン 新規買い
平均取得単価 @580
・任天堂向け6割なので、任天堂の製品が売れれば業績も当然上向くだろう。
日本アンテナ 新規買い
平均取得単価 @610
・有利子負債ゼロ
・予想配当利回り約3.5%
サンコー 新規買い
平均取得単価 @315
・有利子負債ゼロ
・当社は、5億円ある保有株式を売却し、自己株取得に充てる予定。
・予想配当利回り約3%
ムサシ 新規買い
平均取得単価 @1,115
・選挙特需銘柄として知られる。当分は大きな選挙はなさそうだが、持っていてもよいかと思った。
ツカモトコーポレーション 新規買い
平均取得単価 @160
・都内に高収益不動産を保有している。
光製作所 新規買い
平均取得単価 @700
・バリュー投資界では、良く知られた存在。いつまで経っても、なかなか株価>価値にならないという意味でもよく知られている。
・特定株の割合が非常に高い。MBOしないのかな?
丸八倉庫 新規買い
平均取得単価 @310
・不動産関連で出遅れ
川西倉庫 新規買い
平均取得単価 @600
・不動産関連で出遅れ
東京會舘 新規買い
平均取得単価 @360
・都内に優良物件を保有している。

2013.11.29
2013年11月29日現在ポートフォリオです。
保有銘柄の順番に特に意味はありません。
少ししか買っていない銘柄も記載してあります。
銘柄名  おおよその取得単価
寿スピリッツ @1,300
ワッツ @880
テンポスバスターズ @560
ハブ @3,500
神戸物産 @2,350
DVx @740
トレジャーファクトリー @550
ミサワ @1,310
ハピネスアンドディ @1,080
シュッピン @400
買取王国 @1,360
オンリー @87,000
山田コンサルティンググループ @1,670
アジュバンコスメジャパン @750
メディアフラッグ @480
アサンテ @915
アメイズ @820
フジ・コーポレーション @1,420
リロホールディング @2,200
中部鋼鈑 @430
マルキョウ @515
日新製糖 @2,170
サイボー @535
ダイドーリミテッド @630
パラカ @820
アサヒ製陶 @85
瀧上工業 @390
アピックヤマダ @140
三精輸送機 @430
ホシデン @560
日本アンテナ @610
サンコー @315
ムサシ @1,120
ツカモト @160
光製作所 @700
はせがわ @705
丸八倉庫 @315
川西倉庫 @605
東京會舘 @360
岡三 ワールド・リート・セレクション(欧州) @2,100
サイノコムソフト(中国株) @0.5香港ドル

2013.12.04
2013年12月2、3日分取引
PLANT 新規買い
平均取得単価 @950
・予想PER約5倍、実績PBR約0.66倍
・予想配当利回り約3.5%
・スーパーマーケットという比較的手堅い商売。
フタバ産業 新規買い
平均取得単価 @395
・不適切会計などの不祥事あり。
・トヨタから社長の派遣あり。
・復配への意欲強い。
・自動車業界の復調にもかかわらず、株価は低迷。
光製作所 買い増し
平均取得単価 @705
買い増し後平均取得単価 @705
アジュバンコスメジャパン 一部売り
平均取得単価 @750
平均売却単価 @860
・ポートフォリオで大きな割合を占めすぎたため一部売却。
ミサワ 一部売り
平均取得単価 @1,310
平均売却単価 @1,460
・ポートフォリオで大きな割合を占めすぎたため、一部売却。
東京會舘 買い増し
平均取得単価 @360
買い増し後平均取得単価 @360
アサヒ衛陶 買い増し
平均取得単価 @85
買い増し後平均取得単価 @85

2013.12.04
2013年12月4日分取引
引き続き、グレアム先生型の銘柄と、土地含み資産銘柄をメインに購入しております。また、来年からの税率アップに備えた利益確定も同時に進めております。
テンポスバスターズ 一部売り
平均売却単価 @1,000
平均取得単価 @560
・優待取り分を残して売却予定。
シュッピン 全部売り
平均売却単価 @1,010
平均取得単価 @400
・ネットビジネスを行う企業としてはPERが低いかもしれないが、一般企業としてみた場合のバリュエーションの高さは否めない。
京阪神ビルディング 新規買い
平均取得単価 @555
・住友系のバックがある。
・大阪府内の物件が全売上高の8割を占める。
・データセンターや場外馬券売り場などユニークな資産構成。
パラカ 買い増し
平均取得単価 @830
買い増し後平均取得単価 @830
瀧上工業 買い増し
平均取得単価 @390
買い増し後平均取得単価 @390
船井電機 新規買い
平均取得単価 @1,230
・販売における北米比率は7割を占めるので、円安効果が期待できそう。
・財務は比較的強固ではあるが、ここ数年業績低迷が続いてきた。
・株価が10年で10分1以下になったため、リバウンドが期待できそう。
日本アンテナ 買い増し
平均取得単価 @620
買い増し後平均取得単価 @620
・会社四季報の数値が上方に修正される見込み。(情報源:「会社四季報」新春号で見つけた先取りお宝株)
光製作所 買い増し
平均取得単価 @710
買い増し後平均取得単価@710
松屋 新規買い
平均取得単価 @1,120
・含み資産銘柄。PBRで見ると買えないが、土地価値を考慮した実質のPBRはかなり低いと思われる。
・年初来高値からかなり下落している。
東京楽天地 新規買い
平均取得単価 @485
・阪急・東宝グループ。
・有利子負債ゼロ。
・含み資産銘柄。
・映画チケットを大量にくれる株主優待が魅力的。
杉村倉庫 新規買い
平均取得単価 @250
・野村HDグループ
・含み資産銘柄。

2013.12.09
しばらくは、取引をしない予定だったのですが、どうしても気になる情報があったので、買取王国を一部損切りしました。
買取王国 一部売却
平均購入単価 @1,360
平均売却単価 @1,130
・11月既存店売上高が前年比93.9%と大きな落ち込みを示している。
・11月全店売上高も前年比97.0%と低い水準にある。
・買取業務のほうは順調に行っているが、十分な売り上げがないようなので、在庫がたまっているのではないかと推察。
・今後も、月次の状況次第によっては逐次撤退を考えていきたいと思うが、現在のバリュエーションが予想PER約7.2倍、実績PBR約1.4倍と低く、また実績ROEは20%近くあるため、しばらくは、様子見としたい。

2013.12.09
2013年12月6日に、アジュバンコスメジャパンは、東証1部指定の承認を得ました。2013年12月13日をもって、東証2部から東証1部に指定替えされることになりました。上場日が2012年12月13日なので、1年で東証2部から東証1部に上ったことになります。
記念配や株主優待の拡充に期待。しかし、株主優待は東証1部に上場した途端に、縮小廃止されることもあるので、注意が必要かもしれないです。
株価は、このニュースを素直に好感したようで、年初来高値を付けていますね。

2013.12.12
会社四季報をめくっていたら、良さそうな銘柄を見つけたのでつい買ってしまいました。
ついでに、保有銘柄も、値下がりしていたので買い増ししてしまいました。
ウィン・パートナーズ 新規買い
平均取得単価 @930
・医療機器の消耗品を扱う卸売業者
・予想配当利回り約3.5%
・有利子負債ゼロ
・売掛金が売上高と比べて多いのが気になるが、卸売業は在庫を抱えていないといけないので、仕方がない。買掛金も同じくらい多いので、バランスが取れているのだろう。
・割安成長株の株主と知られる、BBHフィデリティLPSFが第二位株主。
パラカ 買い増し
平均取得単価 @810
買い増し後平均取得単価 @825
はせがわ 買い増し
平均取得単価 @700
買い増し後平均取得単価 @705
・月次好調

2013.12.18
2013年12月18日現在ポートフォリオです。
一旦、整理のため投稿します。
どうしても、ポートフォリオがしっくりこなかったので、売買を繰り返した結果、下記の様になりました。
売買回数が多すぎるので、売買経緯については割愛させて頂きます。
2013年12月18日現在ポートフォリオです。
保有銘柄の順番に特に意味はありません。
少ししか買っていない銘柄も記載してあります。
銘柄名  おおよその取得単価
寿スピリッツ @1,300
ワッツ @880
テンポスバスターズ @900
ハブ @3,500
DVx @740
トレジャーファクトリー @550
ミサワ @1,310
ハピネスアンドディ @1,080
オンリー @87,000
山田コンサルティンググループ @1,670
アジュバンコスメジャパン @750
メディアフラッグ @480
アサンテ @915
アメイズ @820
フタバ産業 @400
フジ・コーポレーション @1,420
リロホールディング @2,200
パラカ @815
アサヒ製陶 @85
はせがわ @700
ウインパートナーズ @920
松屋 @1,120
岡三 ワールド・リート・セレクション(欧州) @2,100
サイノコムソフト(中国株) @0.5香港ドル

2014.01.10
2013年12月分パフォーマンスは、市況が好調を維持したことに伴い、順調な伸びを示しました。ただし、税金上昇対策に伴い、いくつかの銘柄を引き続き売却したため、パフォーマンスにマイナスの影響を与えました。
おおよその数値です。
12月月間パフォーマンス +6.4%
設定来(2013年7月1日)パフォーマンス  +23.6%
12月のTOPIXパフォーマンス  1260.97→1302.29(+3.3%)

2014.03.02
2014年2月28日現在ポートフォリオです。
保有銘柄の順番に特に意味はありません。
少ししか買っていない銘柄も記載してあります。
<個別銘柄>
銘柄名  おおよその取得単価
いちごHD  @340
テンポスバスターズ @910
ハブ @3,620
ミサワ @1,370
ウイン・パートナーズ @1,010
オンリー @890
ドリームインキュベーター @169,000
ケネディクス @460
パラカ @790
アジュバンコスメ・ジャパン @920
アサンテ @950
アメイズ @1,260
バリューHR @2,400
はせがわ @820
新生銀行 @230
アイフル @420
レオパレス21 @560
アパマンショップ @6,830
日本管理センター @1,050
山田コンサルティンググループ @2,290
ユニデン @270
フジ・コーポレーション @1,920
りそなHD @550
ロジコム @560
サイノコムソフト(中国株) @0.5香港ドル
<投資信託>
岡三 ワールドリートセレクション(欧州) @2,100
JPM JPMザ・ジャパン @40,650
朝日 N-vestグローバルバリュー株OP(Avest-E) @14,350

2014.03.07
2014年3月1日~7日分取引です。
買付余力がなくなってきたので、しばらくは放置です。
シンプロメンテ 新規買い
平均購入単価 @1,115
       @1,180
買い増し後平均取得単価 @1,170
・飲食店が一度利用を始めると、継続的な収入が期待できる。
・売掛金をもたないシステムになっているので、今後の財務基盤強化が期待できる。
・バリュエーションとしてはやや高いが、成長性を加味すれば割安水準であろう。
・直近IPO銘柄だが、暴落しており、公開価格に近い水準になっているので、割安感がある。
・地味な銘柄であるため、評価されるためには時間が掛かるかもしれない。
エリアリンク 新規買い
平均購入単価 @120
・10年チャートで見ると、上値が期待できそう。
・現在の業績はまぁまぁ良い。
シュッピン 買い直し
平均購入単価 @1,250
       @1,260
買い増し後平均取得単価 @1,260
・損益分岐点を超えて、大きく利益が伸びるステージに来ているようだ。2014年第1集会社四季報にも<飛躍>と書いてあり、期待が持てそうだ。
・鑑定の専門家による、中古品の買取販売業務はそう簡単には真似出来そうもない。
ネクステージ 買い直し
平均購入単価 @605
・中古自動車の販売店。
・今後の出店計画に期待が持てるが、それなりのリスクを抱えている株である。
三洋貿易 買い直し
平均購入単価 @940
・ゴム・化学品の商社であり、メーカ―でもある。
山田コンサルティンググル―プ 買い増し
平均購入単価 @2,100
買い増し後平均取得単価 @2,160
・業績絶好調、財務良好。割安感も強い。
・コンサルティングに業態変更を行い、高利益率の会社になった。
こころネット 新規買い
平均購入単価 @1,100
・福島県にて、葬祭冠婚業を行う。
・地味にだが、業績が伸びている。
コスモスイニシア 新規買い
平均購入単価 @500
・元・リクルートコスモス。今は、大和ハウス工業の傘下にある。
・分譲マンションの売れ行き好調が見込める。
・10年チャートに魅力を感じる。

2014.03.20
新興株市場がかなり弱いため、だいぶお買い得感のある銘柄が増えてきました。
そこで、保有銘柄を売って、新しい銘柄を購入することにしました。
シグマクシス 新規買い
平均購入単価 @4,090
・三菱商事系のコンサルティング会社
・有利子負債ゼロ
・2013年3月期でROE50%超(ただし、税効果の影響あり)
・配当開始
M&Aキャピタルパートナーズ 新規買い
平均取得単価 @3,910
・M&Aのコンサルティング会社で、調剤薬局や承継案件に強い。
・有利子負債ゼロ
・2013年9月期でROE30%超
・営業利益率50%超
テンポスバスターズ 全部売り
平均取得単価 @910
平均売却単価 @810
・他の銘柄を購入するために売却。
・第3四半期における累計進捗率が56.8%と、5年平均の70.7%をかなり下回っているため、魅力が薄れた。
ケネディクス 買い増し
平均取得単価 @320
買い増し後平均取得単価 @450
エリアリンク 全部売却
平均取得単価 @120
平均売却単価 @125
・他の銘柄を購入するため売却
ウイン・パートナーズ 一部売却
平均取得単価 @1,010
平均売却単価 @1,040
・他の銘柄を購入するため売却
三洋貿易 全部売却
平均取得単価 @940
平均売却単価 @940
シンプロメンテ 買い増し
平均取得単価 @1,030
買い増し後平均取得単価 @1,130
シュッピン 買い増し
平均取得単価 @1,080
買い増し後平均取得単価 @1,200
アパマンショップホールディングス 買い増し
平均取得単価 @5,660
買い増し後平均取得単価 @6,630

2014.03.20
証券投資の世界では、底値を見る際に、半値八掛け二割引きという言葉が使われることがあります。
天井から調整して、元の株価の3割ほどになると下げ止まる傾向があるという意味です。
M&Aキャピタルパートナーズは、2013年11月21日につけた10,900円が最高値でしたから、3000円台になると経験則から言えば下げ止まる傾向があることになります。
2014年3月20日現在の終値は、3,815円ですからかなりその水準に近付いていると思われます。
IPO銘柄の公開後のパフォーマンスが優れないことは存じておりますが、このくらい下落すると、ファンダメンタルズに異状がない限りは、投資してもいいのではないかと思った次第です。
初値天井・・・という可能性も否定できませんが。

タイトルとURLをコピーしました