アメイズのIPO

アメイズのブックビルディングが今日から始まっています。
結論としては、福証上場というマイナス面はありますが、IPO市場の地合いのよさやその他を総合的に見て、ブックビルディングに申し込むことにしました。
<事業内容>
ホテルの営業及びホテルに付随するレストランの運営
<コメント>
・上場市場
地方市場に上場するのがなぜかよく分かりません。
確かに、上場基準は緩いですが、初値にマイナスの影響を与える可能性が高いでしょう。
・業態
ホテル運営・それに付随するレストランの運営という地味なものなので、初値にはプラスとはならないでしょう。ただし、成長性はあるように思えます。また、低宿泊料金のホテルチェーンをメインとする上場企業は他には恐らくないですから、独自性はあると思います。
・経営者
1935年生まれとご高齢のようです。もしかしたら、相続対策の上場かもしれません。また、経営者の交代についても考慮しておく必要があると思います。
・株主構成
代表者一族と思われる人が上位を占めています。ベンチャーキャピタルの影は見当たらないので、売り圧力は低めでしょう。
・割安さ
想定価格730円に対して予想PER約9倍、予想配当利回り約5.5%+株主優待とかなり割安感が漂っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。