インターネット定期預金

最近、インターネットで取引する高金利の(ただし最低預け入れ額が数百万円からのことが多い)定期預金の広告をよく目にします。私には関係ないですが、富裕層の方には魅力的なのかもしれないですね。5年定期だと税引き前利率年1%前後のものもあって、店頭での定期預金金利が税引き前利率年0.5%前後なのに比べるとかなり高めです。店頭でちまちま小額の預金を集めるよりも、インターネットで富裕層に大金を預けて頂いた方がはるかに効率がいいしコストも安上がりでしょうから、多少高い金利を払ってでも銀行にとってインターネット定期預金は美味しいんでしょう。
 
 そういえば、一昔前は、銀行にかなり有利な金融商品である、仕組み預金の広告を良く見ましたけど、最近はほとんど見ません。もともとはシンプルな金融商品である定期預金にデリバティブの要素を付けて、見掛けだけは高金利、そして定期預金のくせに途中解約すると元本割れする可能性がある金融商品でどうしようもなく最悪な金融商品でした。最近は、仕組み預金の代わりに、インターネット定期預金が宣伝されるようになった感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。