キャッシュが着実に増えている企業

 企業は、営業活動でキャッシュを稼いで行きますが、投資活動でもキャッシュが必要とされます。投資活動は、単に以前と同様の営業活動をするために必要な投資と、成長するために行う投資があります。
前者の例としては、一般的に重工業では競争力を維持するためだけでも多額の資金が必要です。投資をしなければ競争力を維持することすらできません。
よって、純粋な成長に回るキャッシュは少なくなってしまいます。
後者のように、競争力を維持するためにキャッシュがそれほど必要とされない企業では、純粋な成長に投資を振り向けることができます。
成長にもそれほどキャッシュが必要とされないことが理想です。
 キャッシュがそれほど必要とされない企業では、キャッシュが自然と積みあがっていきます。
キャッシュが積み上がっていくことは、成長に必要なキャッシュがそれほど必要ないため、事業素質が良いという可能性があります。
ただし、キャッシュの推移は数年単位で見ることが必要です。
重工業など多額の設備投資が必要な業種では、ある年には、大規模な投資を行わないとしても、翌年に大規模投資を行うことがあり、その場合は大規模な設備投資によりキャッシュが大幅に減る可能性があります。
数年単位で見て、キャッシュが右肩上がりになっているか見たほうが良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。