グロース投資とバリュー投資

株式の投資戦略には、大きく分けて2種類あります。
第一に、成長性の高い企業に投資し、成長に伴う株式の値上がり益に期待して投資するグロース投資です。
ジャスダック市場や東証マザーズ市場に多く上場しています。
成長性の高い企業は、上場から時間が経つにつれ、大きく成長して莫大なリターンをもたらす可能性があります。
一方で、思ったように成長しなかったり、事業が失敗して倒産してしまう可能性もあります。
第二に、企業の価値に比べて株価が大きく下回って放置されている銘柄に投資するバリュー投資です。
企業の価値がいずれ見直されることに期待して投資する手法です。
PERなどの投資指標から見て割安だったり、同業他社から見て割安な銘柄に投資します。
最高なパターンは、グロースとバリューの要素を同時に備えた銘柄を購入することです。成長性のあるグロース銘柄を割安な価格で購入できれば、成長性の割りに大きなリターンを得ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。