ディー・エヌ・エー、任天堂と資本業務提携

ディー・エヌ・エーが任天堂と資本業務提携を行うことを本日発表しました。
これまで、売り切り型のゲームにこだわっていた任天堂という巨人がついに、ソーシャルゲームという潮流に遅まきながら乗ることになったようです。課金への規制がかかっているとはいえ、ソーシャルゲームは1作ヒット作が出れば、企業業績が一変するほどの可能性を持っています。従来のゲームに比べ、製作費も安く、当たれば美味しいビジネスです。一方、ディー・エヌー・エーは、モバゲーで一世を風靡したものの、過度の課金があだとなり、さらに同業他社の追いつきも激しく、落ち目の企業でした。モバゲーというプラットフォーム運営ノウハウを持つディー・エヌ・エーに、任天堂のキャラクターを使用したゲームが加われば、それなりの相乗効果が期待できそうです。
新型端末の開発も発表されました。端末は売り切り型で、ゲームは課金型という形になるそうです。両者間の利益配分はどうなるんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。