2016年5月分パフォーマンス

しばらく月別パフォーマンスのデータを取っていなかったので、2016年1月時点からの比較でパフォーマンスを表示したいと思います。

水道管修理とリフォームを主に行うアクアラインの好調が続き、パフォーマンスは好調でした。ただし、主力銘柄であるアサンテ、フジ・コーポレーションの値下がりはポートフォリオに大きなマイナスを与えました。そのほかの銘柄は、横ばいか上昇したため全体としてみれば、まあまあの成績であったと言えます。

年初来パフォーマンス プラス4.9% でした。

今後の方針としては、一部、信用取引で購入している銘柄があるため、他銘柄を売って現引きするか、返済売りをして、信用取引を手閉まっていきます。現在の経済状況が堅調であること、日経平均が高値圏にあることを考慮し、日本株の値下がりリスクを回避するため、信用取引の使用は控えていきます。信用取引の余力は株価暴落時やどうしても購入したい銘柄があるときのみ使用する様に致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。