プレステージインターナショナル簡易銘柄分析


<事業概略>
・1986年設立、2000年パソナグループから独立、2001年ナスダックジャパンに上場
・BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)ビジネスを展開
・自動車関連部門、保険関連部門、CRM関連部門、金融サービス部門、不動産関連部門、IT・その他関連部門から構成
・自動車・金融関連で売上高の7割を占める
<企業特色>
・オーナー系の出資比率が50%近くに達する。
・外国法人持ち株比率 10%程度
・増配傾向
<強み>
・安定的受注によるストック型ビジネス
・業績急減リスクの低さ 
 サブプライム危機にはじめる経済危機にもかかわらず好調な業績
・専門性を生かした、単なるコールセンター業務にとどまらない業務展開が高い参入障壁を生み出す
 自動車のロードサービス、金融関連の各種BPO業務
・強固な財務基盤 
・高い収益力 ここ5年間自己資本利益率25%前後をキープ
<弱み>
・特定顧客に依存している部分が大きいので、価格交渉で強気に出れない。また、特定顧客が離れた時のダメージが大きい。
<脅威>
・競合企業あり もしもしホットライン等多数存在 
・内製化リスク
 何らかの要因により、外注していた業務を企業が内部で処理するようになるリスク(規制強化等)
<機会>
・BPO市場自体が拡大傾向
 企業が総務等で業務を丸抱えするのではなく、専門の外部業者に委託する傾向
・世界13カ国16拠点
 世界展開も視野に入れることが出来る。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。