2016年7月31日現在ポートフォリオ

2016年7月30日に、日銀が金融政策決定会合でETF(上場投資信託)の買い付け額を年6兆円に倍増をさせる金融緩和策を行う旨を発表したにも拘らず、まったく市場がそれを評価せずにむしろ材料出尽くしの様な感じになったことに失望しました。また、財政出動も”真水”の部分では金額があまり多くなく、今後の市場の材料にはなりにくいような印象を受けました。黒田バズーカと呼ばれた時の様な全体的な株価上昇は期待できないようです。その分、個別株の業績が評価される状況を重視する様にします。キャッシュポジションも20%と約1月前と比べると倍増しました。下落相場が来ても安心な状況となっております。また、信用取引も規模を大幅に縮小しました。今はだいぶ保守的なポートフォリオとなっています。

2016年7月31日現在ポートフォリオです、
おおむねポートフォリオに占める時価総額の順に並んでおります。

<主力銘柄>
銘柄名  おおよその取得平均単価
日本管理センター @1,330
ハウスドゥ    @1,830
フリュー     @2,530
フジ・コーポレーション @2,150
クロスマーケティング  @400
ポールHD @1,020
アサンテ @1,640
エムケイシステム @1,450
KeePer技研   @1,550
DVx @1,160
アクアライン @930
バリューゴルフ @1,570
幼児活動研究会 @1,000
IRJHD  @920
クックパッド @1,250

<投資信託>
eMAXIS新興国リートインデックス @12,450 
eMAXIS新興国株式インデックス @15,430 
朝日Nvestグローバルバリュー株オープン @14,170

<打診買い>
エイジア
テンポスバスターズ
ラクーン
アートグリーン
三機サービス
レントラックス
ライドオンEX
シンプロメンテ
エラン
FPG
PCDEPOT
ノーリツ鋼機
みずほ銀行
セブン銀行
日本郵船
アルファポリス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。