ミクシィの思い出2019年9月22日編

この記事は約3分で読めます。

ミクシィの思い出2019年9月22日編
※筆者はミクシィ株を買っていませんが、当時興味を持っていたということで残しておきます。

2013.12.04
ミクシィの連騰が止まりません。
第二のガンホーになるかもしれませんね。
むしろ、市場が、第二のガンホーを望んでいるのかもしれません。
「モンスターストライク」というゲームが、ミクシィの起死回生策になるかもしれないというので買われているようです。
ガンホーを2012年の安値で買うと、1,427円でした。
ガンホーを2013年の高値で売り抜けられたとすると、163,300円です。
約114倍になった計算になります。
ミクシィの財務状況は、自己資本比率が80%以上あり決して悪くありません。
売上高は漸減傾向にありますが、120億円程度と1ゲームタイトルが状況を劇的に変えるサイズとしては、大きすぎません。
・・・・・
私ですか?
乗り遅れたバスに、走って乗り込んだとしても行先を間違えるのが関の山なので、買いません。

2013.12.05
ミクシィが本日もストップ高です。
ガンホーがパズドラを海外展開していくみたいですから、それがカタリストになったのかも。
キャッシュがあるところには、あるんですね。
それがどこに向かうかが問題です。
不動産なのか、債券なのか、株なのか。
株でも、中小型株なのか、大型株なのか。
どこまで騰がるのか、じっくりと観察したいと思います。
・・・意外と下がったりして・・・。
こればっかりは分からないです。

2013.12.09
ミクシィが金曜日に引き続き、ストップ高です。
本当に、全体的に強い相場ですね。
こういう時こそ、注意しないといけないですが。

2013.12.10
今日もミクシィはストップ高でした。
しかもストップ高比例配分です。
これで5日連続のストップ高です。
どこまで騰がるのやら・・・。
マネ―ゲーム臭がプンプンします。
第二のガンホー探しとやらで他のゲーム関連銘柄まで買われているようです。
ユニークなところではユニデン(東証1部:6815)ですね。
電話機の会社なのですが、子会社でゲームの開発をしているということで、かなり急激に買われています。
収益への見通しもよく分からないのにバブリィな展開ですね・・・。
いや、一時前のバイオ関連みたいな感じで、収益がどのくらいになるのか分からないこその展開かも知れません。

2013.12.11
ミクシィが、ストップ安比例配分となりました。
やはり、投機資金は足が速いですね。
ミクシィが仕手株化しているとするなら、”振るい落とし”なのかもしれませんが、よく分かりませんね。

2013.12.12
今日もミクシィは、ストップ安比例配分でした。
これじゃあ、暴落してても、逃げられませんね。

2013.12.13
ミクシィは本日もストップ安でした。
出来高が急増しているので、なんとか逃げられた投資家の方もいたのではないでしょうか。
エイチームなどは買われているので、ソーシャルゲーム関連だから買われるのではなく、現状で収益を上げられる銘柄かどうかにより2極化が進んでいると思われます。

タイトルとURLをコピーしました