ミニ株とるいとう

株式を購入しようとしても売買単位が大きく値嵩株の場合は、数百万円単位の金額が投資に必要となる場合があります。
これでは、個人投資家は買うことができませんし、買うことができても分散投資が難しくなります。
そこで個人投資家が少ない資金でも投資をできるようにしたのが、ミニ株とるいとうです。
ミニ株は、株の売買単位を10分の1にして購入しやすくしたものです、
例えば、売買単位が1000株で株価が2000円の銘柄があったとすると、単元株で買うためには200万円必要です。
ミニ株なら100株を20万円で買うといった買い方ができます。
また、10分の1単位で200株を40万円で買ったり、700株を140万円で買ったりという買い方ができます。
ただし、ミニ株は、全ての証券会社で扱っているわけではなく、全ての銘柄が対象とされているわけではないので注意が必要です。
また、指値注文ができないため、思ったとおりの株価で取引ができないこともあります。
るいとうは、特定の銘柄の株を毎月一定額購入していく仕組みで、証券会社に専門口座を設けて買い付けていきます。
るいとうもミニ株と同様に扱っている証券会社や銘柄が限られています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。