メインバンクの支援


メインバンクとは、ある企業への融資を中心になって行う銀行のことです。
メインバンクが融資を止めれば、他の金融機関が資金繰りを助けない限り、企業の資金繰りが行き詰る可能性が高くなります
。特に低位株のような経営状態があまり好ましくない企業の場合には、資金繰りに困ることは、破綻を意味するためメインバンクの動きには注意が必要です。
 メインバンクからは、企業経営を助けるためと企業に影響力をもつために銀行から企業に役員が派遣されることもあります。
メインバンク出身の役員が辞任したときは、メインバンクがある企業への融資から手を引こうとしている予兆の場合があるので注意が必要です。
 メインバンク自体の経営状態にも注意が必要です。メインバンクの経営が状態が良くないなら、貸付金の回収を急いだり新規融資を断らなければならないため、企業の資金繰りにも大きな影響を与えるからです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。