レバレッジ効果


レバレッジ効果とは、少ない資金でより多くの資産運用をすることが出来る効果のことを言います。
例えば、株式の信用取引の場合、多くの証券会社で手持ち資金のおよそ3倍の取引が出来ます。
FXでは数百倍のレバレッジをかけることが可能だったときもあり、あまりにもハイリスクハイリターンであるため 、規制が強化されました。10万円程度でも数千万円程度の金額の取引ができたためです。
レバレッジ効果とは、よく言えば、資金効率がよいということであり、悪く言えばハイリスク・ハイリターンということです。
レバレッジ効果を使うことが必ずしも悪いこととは限りませんが、自身が取れるリスクを勘案してレバレッジ効果を利用していくことが重要です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。