会社の名前


 会社の名前には、創業者の思いや歴史がこめられ、会社を表すものです。
近年における買収や合併、持ち株会社化により、会社の名前が変わることは少なくありませんが、それにはしっかりとした理由があります。
 しかし、好ましくない企業の中には、企業名を頻繁に変えるところがあります。
社名は一種のブランドですからよほどのことが無い限り、変えないものです。
それにもかかわらず、社名変更を頻繁に行う理由としては、不祥事や業績悪化など悪いイメージを払拭したいことが考えられます。
そういう会社は、何をやっているのか分からない見た目だけはカッコイイ社名にしがちです。
特に横文字が並んだ社名には注意が必要です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。