債務超過かどうか

企業には、たいてい利子のつく負債があります。
負債が資本を上回っている状 態を債務超過といいますが、債務超過になれば、会社が立ち行かなくなるのも時間の問題です。
過去の赤字の累積が株主資本を上回った状態を債務超過というので、過去の利益を食いつぶした結果が債務超過といえます。
株主資本がマ イナスになれば、株主の持分は無く、会社の解散価値はゼロになります。こう した会社が利益をいくら上げても、その金額を越える利払いがあったのでは、 赤字から抜け出すことは困難です。
また、銀行からの借り入れが困難になったり、一定期間債務超過が続くと上場廃止になる危険性があります。当然破綻リスクも極めて高くなります。
債務超過の会社は、投機の対象であって、投資の対象ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。