債務超過

低位株の中には、債務超過に陥っている企業もあります。
債務超過とは、資産を全部売却しても負債が残る状態のことを言います。
債務超過に陥ると新たに銀行から融資が受けられなくなったり、一定期間債務超過の状態が続くと上場廃止になる場合があります。
ですから、債務超過の状態というのは、非常に危険な状態であることになります。
債務超過の銘柄は、安値まで買い叩かれていることが多いですが、こうしたリスクがあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。