売掛金の額と増減

  営業活動では、かならずしも売上が現金で入金されるわけではありません。
1ヵ月後に入金される場合もよくあります。
もし、売掛金が回収できなければ、表面上は売上や利益が出ているように見ても、商売としてはまったくの大損です。
売掛金が回収できないような事態が続発し資金繰りに困れば、会社の破綻もあり得ます。
できれば、売掛金を少なくして現金で代金回収できればよいのでしょうが、商売の習慣上、難しいようです。
 もし、売掛金の額が多かったり、額が急増したなら注意が必要です。
一般的には、売掛金が売上の3か月分を超えると要注意ゾーンとされているようですが、適切な売掛金額は業種により異なります。
売掛金の額が多かったり、額が急増した場合は、資金繰りの良くない取引先に対しても、売掛金が大量にある可能性があります。
会社が順調にいっているなら、こうした売掛金を回収できない取引先との取引は制限すればよいのでしょうが、会社がうまくいっていない場合は、表面上の業績を保つため、資金回収が困難な会社とも取引を続けてしまいがちです。
過剰な売掛金や売掛金の急増は、売掛金の回収ができないことで損失が発生するリスクを示しているだけでなく、会社自体が傾いている可能性をも示している可能性がありますので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。