婚活に連戦連勝は必要ない。1勝すればよい。

この記事は約2分で読めます。

相手に断られることはつらいが・・・

婚活さん
婚活さん

また婚活で断られました・・・。

婚活くん
婚活くん

婚活だけにこだわるのではなく、自分を見つめなおすことも必要だよ。

婚活では、相手に断られることは当然です。むしろ上手くいくほうがはるかに少ないです。相手の立場に立てば分かりますが、相手も一生の伴侶を見つけるために婚活市場で闘っているのですから、そうやすやすとOKが貰えるはずはありません。逆に簡単にOKが貰えたら、相手は結婚を真剣に考えておらず、すぐに別れる破目になるかもしれません。相手が真剣に考えているからこそ、婚活は厳しいのです。

厳しい婚活市場で生き残るためには、断られても次に目標を変えていける柔軟性が必要です。確かに、婚活で相手に選ばれるための明確な基準はありません。資格試験や入試ならば合格基準がありますが、婚活にはないのです。具体的にどこがネックとなって相手に断られたかが分からない点が辛いところです。だからと言って、断られるたびに落ち込んでいては婚活うつになっていまいます。婚活うつ専門の外来があるくらいのご時世ですから、メンタルを保つことは婚活の重大な課題です。

婚活においては連戦連勝する必要がないのです。100人の人と会って、100人の人からOKを貰えばハーレムができてしまいます。現実問題には、100人中99人に断られても1人にOKを貰えればそれで婚活は完了です。そう考えれば少しは楽になるのではないでしょうか。

連敗中のメンタル

婚活中に何回も断られると、「自分には魅力がない」「婚活が上手くいくはずがない」と思い詰めてしまったりすることもあるかもしれません。努力しても必ずしも報われないのが婚活です。こういう言葉があります。「自分と未来は変えられるが、他人と過去は変えられない」という言葉です。相手がなぜ断ったのか考え続けても答えは出ませんし、ましてや振られたという過去を変えることはできません。だから、自分が選ばれるように自己分析をしてみたり、将来どういう結婚がしたいのか一度原点に返ってみることも必要です。

しかし、相手から断られるということは辛いものです。自分の全てが否定されたような気分になるからです。そういう時は、料理やスポーツで「婚活力」を上げる方向に力を向けることも一つの手です。何かに打ち込むことで嫌な感情を忘れたり、何かに打ち込む姿に異性が興味を持ってくれるかもしれません。婚活は自分との戦いでもあります。今まで何をしてきたのか、これから何をしたいのか、一度心の棚卸をしてみることも必要です。。婚活がどうしても上手くいかず、精神的につらくなった場合は、周りの人に相談したり、症状が重い場合は病院に行ったほうがよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました