婚活アプリは玉石混合

この記事は約2分で読めます。

婚活アプリのデメリット概略

婚活さん
婚活さん

婚活アプリは手軽でいいですよね。

婚活くん
婚活くん

婚活アプリにはデメリットもあるよ。

最近は、恋活婚活アプリが乱立しております。

ひと昔前は、出会い系サイトと呼ばれていたようですが、最近は不良利用者の排除や身分証明の提示など少しは安全性が高まっているようです。
ですが、正直言ってアプリの使用は人を選びます。

できるだけ安全性が高いものを選ぶため、上場企業が運営しているか、大手が運営しているサイトを選んだほうが賢明です。

軽い気持ちの利用者が多い

アプリの導入は、インストールして、免許証など身分証明書を運営にアップロードすればそれで完了です。ですから、なんだか出会いが欲しいなぁといった軽い気持ちの人が数多く入り込んでいることは否定できません。結婚したいのに、そういった軽い気持ちの人たちの相手をしていたのでは、時間とお金の浪費です。結婚するという前提を持った人たちと交流するようにするためにはあまり向いていません。

独身証明書が必須ではない

サイトにもよりますが、身分証明は必須でも独身証明が必須ではないことが多いです。運営としてもあまり厳しくし過ぎて入会者を減らしたくないからですね。必然的に既婚者が入り込んでくる余地が生まれてしまいます。結婚したいのに既婚者の相手をしている時間はありません。

トラブルに巻き込まれる可能性

昔に比べれば、改善されているとはいえ、ときどき怖い事件が報道されています。身分証明書さえ運営にアップロードすれば、簡単に会員になれてしまう容易さがその背景にはあります。安全さと確実さを求めるならば別の手段を考えることが必要でしょう。

例えば、同じオンラインでもオンラインで完結するような結婚相談所ならば、人の手による看視やサポートがある為、安全性は格段に上がります。婚活アプリとオンライン結婚相談所の会費はそれほど違わないので、どちらかというとオンライン結婚相談所をおすすめします。

そもそも会いずらい

アプリの使い方は、希望する条件を検索してそこから条件に合う人を選び、アプロ―チしてマッチングすれば、メッセージ交換ができるというタイプが多いです。しかし、マッチングしただけでは会えません。メッセージ交換で相手の関心を引く必要があります。これがなかなか難しいのです。マッチングしてもメール交換が全然続かないというのは婚活あるあるです。当然、会うこともできないので、婚活は上手くいきません。かなり効率の良くない手段なので婚活アプリはお勧めできません。

タイトルとURLをコピーしました