対面証券会社に口座を作ってみたが・・・

外国株投資をしたいと思い、外国株取引に強いとされる某対面証券会社に口座を作ってみました。
中国株や東南アジア諸国株に強いということで、取扱銘柄もさぞや多いのだろうと思っていました。
しかし、取り扱われている銘柄は、ほんの一部で、かなりの部分の銘柄は取引が出来ません。
財務や収益データ、株価データまでは取引ページに載っているのですが、なぜか取引が出来ないのです。
企業が良さそうだと思っても、取引が出来ないのですから、悔しいですね。
では、米国株でも買おうかと思って、取扱銘柄を見てみると、なんとP&G株を取り扱いしていないのです。
世界的な消費財メーカーであり、バフェット銘柄としても知られているP&G株を取扱いしていないとは呆れてものが言えません。ここまで来ると、営業員の給料に高い手数料が消えて、システムにあまりお金を掛けていないのではないのではないかと疑いたくもなります。
預ける資産もあまりないですから、IPO株を購入する権利を得ることもあまり期待できそうもありません。
だったら、ネット証券のほうが、外国株の取扱銘柄もずっと多いですし、資産運用に干渉されないので、ずっといいかと思いました。
ご年配の方、対面証券のほうが信頼感があると思う方、IPOを購入する権利を優先的に得られる方などは、対面証券のほうがよいという場合があるのでしょうが、今のままでは、対面証券はジリ貧になるのは目に見えているかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。