スポンサーリンク

魅力的な業態と傾向

この記事は約2分で読めます。

小売業投資の魅力と限界

小売業への投資では、大きな投資成果が得られることが少なくありません。
特定の県にしか出店していなかった小売店が、成長し地方レベルまで出店を広げ、さらには全国展開をしていけば、あまり知名度のない初期段階に投資していた場合、莫大なリターンが期待できるでしょう。
しかし、全国展開まで達したら、新業態を展開しない限りは、いずれ成長が止まります。全国レベルまで成長してから投資しても遅くはないでしょうが、初期段階に比べるとリターンは大きく見劣りするでしょう。
小売業投資に関しては、特に出店余力が大きな影響を与えるのです。また、小売業の中でも専門性のある商品を扱う企業は有力です。
例えば、中古品売買や自転車など専門性のあるチェーンは、生産流通網をつくり、価格競争力があるようにするのは難しいことなので投資対象として魅力がある可能性が高いです。

フランチャイズビジネス

 フランチャイズ本部は、加盟店にお店の名前を用いる権利を貸与したり、ビジネスノウハウを指導すること等に対し対価を得ます。
加盟店は、フランチャイズに加盟することにより、単独で事業を始めるよりも一般的には低リスクに事業を始められます。
うまくいっているフランチャイズは本部と加盟店双方にメリットがあります。世の中には、うまくいっていないフランチャイズも多いですが・・・。
 フランチャイズ本部ビジネスを展開している企業への投資は利点がある可能性が存在します。
第一に、設備投資は一般的には加盟店が行うという点です。
例えば、小売店を出店する際に出店費用は加盟店が支払ったとすると、本部は店舗を保有することなく加盟店から対価を得ることができます。
もし、加盟店が事業に失敗したとしても、本部の評判が低下するかもしれませんが、出店費用による損失を出すことはありません。
第二に、フランチャイズ本部はある意味では、加盟店に対し情報を提供することで儲けているので、在庫や原材料費は少なくてすみ、高収益である可能性があります。
第三に、フランチャイズ本部には、ストックビジネスとしての側面があります。
加盟店が増えていけば、加盟店の増加につれ収入が増えていくでしょうから、ある程度収益が見通しやすいと言えます。
また、加盟店が増えれば増えるほど利益は加速度的に増えていくと考えられます。
なぜなら、加盟店が100店でも200店でも費用はあまり増えませんが、加盟店が増えれば収入は増えるからです。
 ただし、フランチャイズビジネス本部の中には、加盟店側から見て好ましくない評判があるものが少なくありませんから、注意が必要です。

タイトルとURLをコピーしました