成長株投資

1.投資指標
株式は日本株だけでも星の数ほどあり、その中から成長株を見つけることはとても大変なことです。そこで役に立つのがスクリーニング機能です。ある一定の条件を設定することでコンピュータが条件に合う銘柄を探し出してくれます。
ここでは、著名な投資家であるグレアムの基準を利用して、
PER×PBR=22.5以下になる銘柄を成長株として投資の目安とします。
例えば、PERが15倍の場合はPBR1.5倍を上限とし、PERが10倍の場合はPBRが2.25倍が上限の目安となります。
この基準でスクリーニングをし、株式を選別することで極端に割高な株を購入することを防ぐことができます。
ただし、PER×PBR=22.5以下という数値は厳しすぎるので条件を緩和することもありますが、それなりの根拠がなければ緩和してはいけないです。
どんなに優れた銘柄でも割高な株価で購入しては利益を出すことが困難になることを忘れてはいけません。
たとえば、PER100倍で買えば、100年分の利益を先取りすることになりますが、よほどの成長株でなければそのような高評価は正当化できないのです。
 成長株の特徴としては売上増と同時にEPS(1株当たり利益)が継続的に増えていくことにあります。
EPSの増加が5年以上10%以上続いていることが望ましいでしょう。
2.事業資質
株価がいかに割安だとしても、その企業がそれ相応の実力しか兼ね備えていなければ、値上がりは期待できないでしょう。
いわゆる万年割安株と掴むことにもなりかねません。
そこでスクリーニングをして得た企業の中から、投資に値する企業(=成長を続けていける企業)を選ぶ必要があります。
ふるいにかけた企業を1つ1つ調べて企業の強みや弱みをじっくりと調べていくことで投資の機会が見えてくるようになります、
つまり、決してスクリーニングが万能というわけではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。