技術力が収益力につながるとは限らない

企業の中には、多数の特許を持ち、技術力があることを企業の特徴としているところがあります。
特に、総合電機メーカー系に多いようです。
しかし、総合電機メーカーの収益力が素晴らしいかというと、全然ダメです。
一方、技術力があまり必要ないことが多いサービス業の中には、高収益を上げている企業があります。
つまり、技術力があるからといって、収益につながるとは限りません。
 技術力が高い企業は世の中の役に立っているのかもしれませんが、相応の収益が生み出されなければ、高い技術を開発するために莫大な費用を要するだけで、投資対象としてはふさわしくありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。