日本管理センター、好調

久しぶりに証券会社のホームページを見ました。
いつの間にか保有資産が増えておりました。
なぜかと思って調べてみると、ポートフォリオで主力銘柄となっている、日本管理センターの上昇が大きいことが分かりました。
2014年8月11日に発表された、日本管理センターの2014年12月期中間決算 (2014年1月1日-2014年6月30日) は、当期利益が前年比32.0 %増の4億8千万円、2014年12月期予想当期利益が前年比23.4 %増7億8千4百万円とのことです。このニュースが大きいのかと思います。
前年比12.9%増の売上高以上に利益が増えているのは好ましいことですね。
当社のビジネスモデルは、サブリース契約の件数が増えれば増えるほど(サブリース契約が利益を生み出す、順ザヤの場合に限りますが)、利益が上がる仕組みになっているので、今後に期待が持てそうです。
その割に予想PERは15倍以下、予想配当利回りは2.6%程度とまだまだ評価されていないように感じます。
PEGレシオによれば、まだまだ割安かと思います。
もっとも、当社株は私のポートフォリオの約2割を占めており、これ以上買い増すことは万が一ということもありますので、控えたいと思います。
何事もほどほどが良いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。