有利子負債の大きな企業


  有利子負債が大きい企業というと、経営不振に陥り借金を返済できないような企業を想像してしまいますが、適切な額の負債は、企業にとって必要なものです。
有利子負債の大きさが企業の大きさと比べて不釣合いに大きくなったときに問題が生じます。業種によりかなり異なりますが、目安としては株主資本比率が30%を切ると注意が必要だと言われています。
 事業がうまく行っているときや金融機関の貸し出し姿勢が良好なとき、低金利の時期は有利子負債が増えていてもなんとかなるかもしれませんが、金利上昇で利払いが困難になったときや、事業環境の悪化、金融不安の時期には有利子負債が多いことは弱点になり資金繰りの悪化を発生させ企業が破綻する原因となりかねません。
要は、借金の条件が悪化すると、銀行など金融機関の方針次第で企業の存続が強く左右されてしまう状況になるわけです。
 有利子負債が多いということは、そもそも営業活動でキャッシュが稼ぎにくいか、営業活動でキャッシュを稼いでも再投資に多額の費用を要してしまう状況も考えられます。
いずれにしても好ましくありません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。