株主資本比率


株主資本÷総資本×100
株主資本比率は、会社の総資本に占める株主資本の割合です。
株主資本比率が大きいということは、他人資本の割合が小さいということになり、財務が健全で安定的な資金を手にしているということなのです。
負債が小さく、利息のコストも少ないということなので株主資本比率は大きいほうが良いでしょう。
株主資本比率は少なくとも30%は欲しいところですが、業界によって妥当な株主資本比率は異なります。
鉄道業や不動産業などは低くなりがちです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。