株式の値段はなぜ動く?


株式は、本来は特定の企業に投資して配当を受け取ったり、経営に参加することが目的ですが、一方で、株式は自由に売買することができます。
業績が良い銘柄には人気が集中し株価が高くなりますが、業績が見込めない銘柄は人気がなく株価は低くなります。
株式の取引は、売る人と買う人の両方がいて成り立ちます。
買いたい人が多ければ株価は上昇し、売りたい人が多ければ株価は下落します。
株価を動かす大きな要素は企業の業績や将来の業績です。
将来のことはわかりませんから、売りたい人と買いたい人の両方が存在します。
また、新製品の売れ行きや他企業との合併などにより企業の業績は変動しますが、これらの要素が業績に結びつくかの判断は投資家により異なります。
投資家の判断の違いが生じることで同じ企業の株でも売りと買いが生じ、株式の価格が変動します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。