無配から有配、赤字から黒字

  無配や赤字を続けていた企業が、小額でも配当を再開したり、小幅でも黒字になった場合には、大きく株価が伸びることがあります。
今までは、まったくダメな企業だったのが、有配や黒字化によりまっとうな企業と評価されるからです。
ただし、いつ企業の業績が黒字化するかや有配になるかがわからないので、赤字や無配のときが株式を買うチャンスである場合もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。