自社株買いを頻繁に行う企業


企業が自社の株を市場から購入することを自社株買いといいます。
自社株買いにより、市場に出回る株式数が減ると、1株あたりの利益が増えるため、増配と並んで株主還元の一つと考えられるようになります。
また、自社株買いをすることで株主資本が減少するため、株主資本利益率に向上にもつながります。
 また、自社株買いは、自社の株価が割安であるということを示す「アナウンスメント効果」があり、市場は好材料と受け止めます。
 自社株買いは、企業にとっては余剰資金の活用と考えられていますが、それだけでなく、金融機関が持ち合い株を売却する際に株価への影響を少なくしたり、敵対的買収をかけらられたときの対抗策として用いることが出来ます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。