自社株買い

自社株買いは、株価が低迷している時期に行えば、合理的な株主還元策です。
市場に出回っている株式が減少することで1株あたりの利益が増加し、結果的に株価が上昇します。
企業が利益還元策の一環として自社株を行うのは、第一に、企業が市場に出回っている株式を買い集めることで、株価の上昇が期待できます。
第二に、配当金などの形で株主に還元すると、株主に税金がかかりますが、自社株買いという形でならば株主に税金がかかりません。
第三に、自社株は割安なので自社で買っているというシグナルを市場に送ることができます。自社株買いは市場で十分に評価されていないと企業が主張しているので、それに注目した投資家が株式を購入する要因となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。