J-REIT

 個人的には、不動産投資の一環としてJ-REITに投資するなら、まっとうな不動産会社や、土地で莫大な含み資産を持っている企業に投資したほうがいいと思います。
 J-REITの最大の欠点は、配当可能金額の90%超を投資家に分配しなければならないという点だと思います。投資の複利効果が得られないだけでなく、内部留保が少なくなりJ-REITは借金を借金で返す自転車操業状態に近くなってしまう。貸し渋りや貸し剥がしにあえば、それまででです。借金返済のために増資する場合、好況のときは良いかもしれないですが、不況のときは低価で増資しなければならなくなり、希薄化が起き、投資家の利益を損なってしまいます。
 また、不況のときこそ物件を安く買えるチャンスなのに、内部留保がほとんどないため、資金調達を銀行や増資に頼らなければならない。しかし、銀行は貸し渋り、増資は困難で資金調達が難しいというのではお話になりません。
 その他にも、親会社との利益相反行為等ガバナンス不備やら情報公開不足といった問題がかなり目に付きます。
 中には、まともな運用をしているJーREITもあるんでしょうけど、どれがまともなのか私には分かりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。