2013年7月8日取引

2013年7月8日取引
<売り>
・ユニバーサル園芸社 全部売り
平均売却単価 @2,750
平均取得単価 @2,060
・成長性はそこそこあるが、自己資本比率が高すぎるためROEが低い。
・財務状況は良い(自己資本比率 84.8% 2013年3月期:連結)
・ほかの良い株を買うために売却した。
・コシダカホールディングス 全部売り
平均売却単価 @3,220
平均取得単価 @2,070
・成長の鈍化が見えるため、売却した。
<買い>
・ハピネス・アンド・ディ 新規買い
平均取得単価 @2,600
・年10%程度の成長は見込めそうで、PER10倍なら妥当水準だと思った。
・小売店なので、ある程度収益が見込みやすい。
・日本管理センター 新規買い
平均取得単価 @1,000
・ストック型事業なので、収益は見込みやすい。
・年20%程度の成長が見込めるなら、PER14倍程度は割安。
・レオパレス21 買い増し
平均取得単価 @455
買い増し後平均取得単価 @420
・業績の強い回復が見込める。
・業績が回復した場合のリターンが多いと考えられる。
・IBJ 買い増し
平均取得単価 @1,965
買い増し後平均取得単価 @2,070
・年30%程度の成長が見込めるなら、PER16倍程度は割安。
・婚活ビジネスにとどまらず、顧客を囲い込む戦略は、顧客を資産として考えることが出来る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。