2013年7月9日取引


やや株価が持ち直してきたので、ポジション整理のため売買を行う。
<売り>
・幼児活動研究会
平均売却単価 @4,390
平均取得単価 @2,490
・バリュエーションが割高なため、売却。
・成長性もさほどではなく、収益性もいまいち。
・いちごグループホールディングス
平均売却単価 @98,000
平均取得単価 @37,000
・バリュエーションが割高なため、売却。
・サムティ
平均売却単価 @111,000
平均取得単価 @30,000
・株主優待は惜しいが売却。
・ファンドクリエーショングループ
平均売却単価 @115
平均取得単価 @80
・思ったほど業績が回復しないので売却。
・パラカ
平均売却単価 @155,000
平均取得単価 @85,000
・業績・バリュエーションとも悪くはないが魅力に欠ける。
・サクセスホールディングス
平均売却単価 @2,400
平均取得単価 @1,020
・バリュエーション割高・業績いまいち。
・アーク
平均売却単価 @255
平均取得単価 @190
・思ったほど業績が回復しない。
・アドバンスクリエイト
平均売却単価 @1,085
平均取得単価 @800
・業績は悪くはないが、買い進めるほどの魅力がなかった。
・ニチイ学館
平均売却単価 @850
平均取得単価 @700
・業績がどうもいまいち
・川崎汽船
平均売却単価 @210
平均取得単価 @200
・収益回復の道筋が見えない。
・JPM JPMザ・ジャパン 全額解約
平均売却単価 @43,620
平均取得単価 @33,900
・十分利益が乗ったので解約。
<買い>
・薬王堂 買い増し
平均購入単価 @2,290
買い増し後平均購入単価 @2,230
・低PER、高収益。
・小売業なので動向が目に見えやすい。
・アサンテ 買い増し
平均購入単価 @940
買い増し後平均購入単価 @930
・低PER、高収益
今回のポジション整理により、キャッシュポジションが10%程度まで上昇しました。だいぶ、スリムなポートフォリオになりました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。