2013年9月~10月ポートフォリオ

この記事は約12分で読めます。

2013.09.05
・ICDAホールディングス 新規買い
  平均取得単価 @1,730
・自動車販売業というつまらない業種である点がよい。
・PER約5.7倍(実績)、PBR約1.2倍(実績)でROEが10%超というのは、自動車需要や景気の影響を受けるにしても安いと思った。今のところ、利益進捗状況も悪くはない。
・直近にIPOされたが、公募価格割れしている。
・ネクステージ 新規買い
  平均取得単価 @1,460
・中古車販売業というつまらない業態がよい。
・直近にIPOされたが、ICDAホールディングスと同様こちらも公募割れしている。
・経営者の手腕に期待が出来る。
・他の中古車販売業者(ガリバー、USS等)と比べると、株価の割安感が著しい。

2013.09.05
・メディアスホールディングス 新規買い
 平均取得単価 @2,470
・やや有利子負債が多いが、卸売業という業態上仕方がない。
・業績は右肩上がりであるにもかかわらず、割安感がある。
・医療品の消耗品ビジネスに期待できる。
・第二のDVxになることを期待する。第二の日本コーリンにならないことを望む。
・神戸物産 買い増し
 平均取得単価 @2,420
 買い増し後平均取得単価 @2,350
・ハブ 買い増し
 平均取得単価 @3,820
 買い増し後平均取得単価 @3,200
・ヤマノホールディングス 新規買い
 平均取得単価 @65
・割賦販売の規制緩和に期待した買い。
・財務は、かなりアレです。投機と思って買った。
・10年チャートを見て引かれた。
・スパークスグループ 買い増し
 平均取得単価 @17,200
 買い増し後平均取得単価 @15,000
・TASAKI 新規買い
 平均取得単価 @490
・財務はまぁ、何とか持ちこたえられる状態だと思われる。
・10年チャートを見て買った投機です。ファンドの経営再建に期待。
・継続前提に重要事象あり。

2013.09.10
・アメイズ 買い増し
平均取得単価 @840
買い増し後平均取得単価 @820
・ハブ 買い増し
平均取得単価 @3,660
買い増し後平均取得単価 @3,310
・テンポスバスターズ 買い増し
平均取得単価 @248,000
買い増し後平均取得単価 @160,000
・山田債権回収管理総合事務所 買い増し
平均取得単価 @490
買い増し後平均取得単価 @530

2013.09.10
・寿スピリッツ 新規買い
平均取得単価 @1,290
・地域限定菓子を製造販売する傘下会社を統括する会社である。
・成長率の割にPERが低い。
・菓子類はいったん買われ始めたら、続けて買われ続けるような性質を持っている。
・優待銘柄であるため、個人投資家の買いが期待できる。
・やや時価総額が大きいが、今後の成長はまだまだ期待できそう。
・ワッツ 新規買い
平均取得単価 @875
・100円ショップの中堅である。
・有名なバリュー株主である、BBHフォー・フィデリティー・ロープライスストックが株主首位である。
・円安によるコストアップが懸念されるにも拘らず、好業績である。
・優待銘柄であるため、個人投資家の買いが期待できる。
・海外進出にも積極的である。

2013.09.30
2013年9月26日分取引
・SBSホールディングス 全部売り
平均取得単価 @1,200
平均売却単価 @1,370
・含み資産銘柄だが、注目されるのに時間が掛かりそう。
・収益状況は景気に左右されやすく、また、魅力的な水準ではない。
・岩井コスモ証券 全部売り
平均取得単価 @340
平均売却単価 @1,560
・利益がある程度乗ってきたため、売却した。
・10年チャートで見ると、上値はあまり期待できそうもない。

2013.09.30
2013年9月30日取引
・ティア  一部売り
平均取得単価 @390
平均売却単価 @1,390
・約75%の株式を売却した。残りの25%はしばらく様子見をする。
・今後の成長性や事業素質、財務状況等を勘案すると優良銘柄ではあるが、昨今の株価高騰により割安とは言えなくなってきた。
・ICDAホールディングス 全部売り
平均取得単価 @1,730
平均売却単価 @1,820
・割安株ではあるが、万年割安株ではないかと思えてきたので売却した。
・事業範囲が三重県中心であり、全国展開する可能性は低そうだ。
・薬王堂 全部売り
平均取得単価 @2,230
平均売却単価 @2,300
・割安株だが、今後の成長性等には期待できそうもない。
・事業範囲が東北地方から伸びて全国に展開するストーリーが描けない。
・アサンテ 買い増し
平均取得単価 @950
買い増し後平均取得単価 @920

2013.10.01
2013年9月30日現在ポートフォリオです。
保有銘柄の順番に特に意味はありません。
少ししか買っていない銘柄も記載してあります。
銘柄名  おおよその取得単価
三井住友建設 @85
寿スピリッツ @1,300
学情 @245
ディップ @260
ティア @390
ウォーターダイレクト @730
山田債権回収管理総合事務所 @530
ワッツ @880
テンポスバスターズ @160,000
ハブ @3,200
神戸物産 @2,350
DVx @740
トレジャーファクトリー @550
メディアスホールディングス @2,480
ミサワ @1,340
ハピネスアンドディ @1,080
シュッピン @400
買取王国 @1,590
日本管理センター @930
サンセイランディック @280
オンリー @90,000
ドリームインキュベーター @93,000
ケネディクス @110
エン・ジャパン @80,000
新田ゼラチン @630
ベクトル @1,120
アクトコール @1,770
IBJ @2,070
ヤーマン @1,240
ライフネット生命 @720
フジ・コーポレーション @1,420
Jトラスト @1,300
アイフル @175
マネックスグループ @170
スパークスグループ @150
ウェブクルー @450
GFA @370
フィンテックグローバル @3,400
アドバンスクリエイト @800
リロホールディング @2,200
アパマンショップ @3,500
レオパレス21 @420
エリアリンク @90
青山財産ネットワーク @19,000
ロジコム @610
飯野海運 @290
神戸物産 @2,350
アサンテ @920
山田コンサルティンググループ @1,600
アジュバンコスメジャパン @705
メディアフラッグ @475
アメイズ @820
ネクステージ @1,460
ヤマノホールディングス @65
TASAKI @490
岡三 ワールド・リート・セレクション(欧州) @2,100
サイノコムソフト(中国株) @0.5香港ドル

2013.10.01
2013年8月分パフォーマンスは、2020年東京五輪の開催決定もあり、堅調でした。
おおよその数値です。
9月月間パフォーマンス +26.5%
設定来(2013年7月1日)パフォーマンス +25.4% 
9月のTOPIXパフォーマンス (1,109.41→1,194.1) +7.6%

2013.10.31
2013年10月分パフォーマンスは、ポートフォリオ組み換えのため、大規模な株式売却を行ったので、税金が掛かり、パフォーマンスは悪化しました。
おおよその数値です。
10月月間パフォーマンス -4.0%
設定来(2013年7月1日)パフォーマンス +20.4%
10月のTOPIXパフォーマンス 1,198.18→1,194.26(-0.3%)

2013.10.31
三井住友建設 全部売り
平均取得単価 @85
平均売却単価 @110
・建設関連株で今後は期待できるが、バリュエーションが高すぎる。
・ある程度利益が乗り、他に買いたい銘柄があったため、売却した。
ケネディクス 全部売り
平均取得単価 @110
平均売却単価 @490
・不動産関連で今後も期待できるが、ずいぶん値上がりしたため、一旦利食い。
・ある程度利益が乗り、他に購入したい銘柄があったため、売却した。
ドリームインキュベーター 全部売り
平均取得単価 @93,000
平均売却単価 @150,000
・財務内容は比較的良く事業内容も独自のものだが、上値が限られるのではないかと思い、売却した。
学情 全部売り
平均取得単価 @245
平均売却単価 @730
・財務内容は盤石で、就職支援という事業は先が明るいと思うが、上値を追う気にはなれなかった。
サンセイランディック 全部売り
平均取得単価 @280
平均売却単価 @470
・権利関係が複雑な土地を取り扱うという事業は独自性があるが、財務内容や事業の安定性には注意が必要だと思った。
エン・ジャパン 全部売り
平均取得単価 @800
平均売却単価 @1825
・財務内容は良く、転職支援事業の先は明るいと思うが、10年チャートを見ると、上値を追う気にはなれなかった。
アジュバンコスメ 買い増し
平均取得単価 @780
       @790
       @790       
アサンテ 買い増し
平均取得単価 @940
       @940
       @930
ヤーマン 全部売り
平均取得単価 @1,240
平均売却単価 @1,270
・美容品は流行という不確定要素から逃れにくいと考え、売却した。
・優待は良いので、個人投資家の買いはあるかもしれない。
ヤマノホールディングス 全部売り
平均取得単価 @65
平均売却単価 @80
・財務はかなり悪い。注意が必要だ。
・今後の展開は不確定要素が強いが、たぶん上向きだと思う。
アイフル 全部売り
平均取得単価 @175
平均売却単価 @430
・過払い金問題は峠を越し、今後の展開は明るいと思うが、10年チャートを見て上値を追う気にはなれなかった。
TASAKI 全部売り
平均取得単価 @490
平均売却単価 @480
・財務はたぶん問題解決まで持つと思うが、それまで待つならほかの銘柄を購入したほうが良いと思った。
日本管理センター 全部売り
平均取得単価 @930
平均売却単価 @935
・事業素質等良い企業だとは思うが、他の企業がより優れていたのでそちらに投資することにした。
Jトラスト 全部売り
平均取得単価 @1,300
平均売却単価 @1,670
・ちょっとM&Aをやりすぎじゃないかと思った。
・過払い金問題が峠を越えて、よい投資案件も減ってくるのではないかと思った。
マネックス・グループ 全部売り
平均取得単価 @170
平均売却単価 @370
・10年チャートを見て、そろそろ売り時かと思った。次の株式市場低迷時までさようなら。
・財務がいまいち
スパークス・グループ 全部売り
平均取得単価 @150
平均売却単価 @220
・バリュエーションが高い。テーマ銘柄としては継続すると思う。
青山財産ネットワーク 全部売り
平均取得単価 @19,000
平均売却単価 @33,800
・バリュエーションが高くなってしまった。不動産関連銘柄としては継続するだろうと思う。
飯野海運 全部売り
平均取得単価 @290
平均売却単価 @610
・海運市況改善+含み資産銘柄として人気は継続するだろうと思う。
ウェブクルー 全部売り
平均取得単価 @450
平均売却単価 @620
・保険比較事業がブームに終わってしまわないか心配になった。
買取王国 買い増し
平均取得単価 @1,160
       @1,220
ハピネス・アンド・ディ 買い増し
平均取得単価 @1,110
       @1,050
       @1,030
       @1,080
       
アクトコール 全部売り
平均取得単価 @1,770
平均売却単価 @1,450
・完全に失敗・・・。多悪化&大量ストックオプション発行なので撤退。
GFA 全部売り
平均取得単価 @370
平均売却単価 @280
・財務は悪くはないのだが、業績が悪い。今後の回復は、よく分からなくなってきた。
フィンテック グローバル 全部売り
平均取得単価 @3,400
平均売却単価 @3,100
・回復には時間が掛かりそうだ。
IBJ 全部売り
平均取得単価 @2,070
平均売却単価 @1,990
・成長性があるように見えるが、持続性があるのかよく分からなくなってきた。
ライフネット生命保険 全部売り
平均取得単価 @720
平均売却単価 @580
・当社の事業は、インターネットで生命保険を販売することであり、単純明快であるが、あまりにも赤字垂れ流しが続くので、一時撤退。
ロジコム 一部売り
平均取得単価 @610
平均売却単価 @530
・不動産関連銘柄としては割安だと思ったが、いつまでも割安であり続けるバリュートラップにはまってしまったかと思った。
ベクトル 全部売り
平均取得単価 @1,120
平均売却単価 @2,890
・バリュエーションが高くなってきたため、売却した。事業の成長性は維持されると思う。
ネクステージ 全部売り
平均取得単価 @1,460
平均売却単価 @1,500
・継続する営業キャッシュフローの赤字が気になった。
メディアスホールディングス 全部売り
平均取得単価 @2,480
平均売却単価 @2,630
・M&Aによる巨額の有利子負債が気になった。
ミサワ 買い増し
平均取得単価 @1,220
       @1,250
山田コンサルティンググループ 買い増し
平均取得単価 @1,540
レオパレス21 全部売り
平均取得単価 @420
平均売却単価 @680
・利益がある程度乗ってきたため売却。アパートの建築事業が回復すれば、上値は狙えると思ったが、撤退。
エリアリンク 全部売り
平均取得単価 @90
平均売却単価 @120
・利益がある程度乗ってきたため、売却。
アパマンショップホールディングス 全部売り
平均取得単価 @3,500
平均売却単価 @6,210
・利益がある程度乗ってきたため、売却。
山田債権回収管理総合事務所 全部売り
平均取得単価 @530
平均売却単価 @500
・今後の回復には時間が掛かりそうだと思った。

2013.10.31
2013年10月31日現在ポートフォリオです。
保有銘柄の順番に特に意味はありません。
少ししか買っていない銘柄も記載してあります。
銘柄名  おおよその取得単価
寿スピリッツ @1,300
ディップ @260
ティア @390
ウォーターダイレクト @730
ワッツ @880
テンポスバスターズ @560
ハブ @3,200
神戸物産 @2,350
DVx @740
トレジャーファクトリー @550
ミサワ @1,250
ハピネスアンドディ @1,080
シュッピン @400
買取王国 @1,400
オンリー @90,000
山田コンサルティンググループ @1,540
アジュバンコスメジャパン @750
新田ゼラチン @630
メディアフラッグ @480
アサンテ @930
アメイズ @820
フジ・コーポレーション @1,420
リロホールディング @2,200
ロジコム @610
岡三 ワールド・リート・セレクション(欧州) @2,100
サイノコムソフト(中国株) @0.5香港ドル

コメント

タイトルとURLをコピーしました