PCFR

PCFR=株価÷一株あたり営業キャッシュフロー
PCFRは、株価キャッシュフロー倍率のことで、PERでは株価を一株あたり利益で割るところを一株あたりキャッシュフローで割ります。
企業の財務諸表は、多少は資産や利益の操作がされています。
操作といっても、企業の裁量である程度恣意的な部分が入ってしまうという意味です。
その点、営業キャッシュフローは、本業で1年間に稼いだキャッシュの額を表し、会計操作の影響を受けにくいという特徴があります。
しかし、営業キャッシュフローが企業活動により大きく変動する場合があります。
この場合は、営業キャッシュフローのどの項目が営業キャッシュフローをを大きく変化させたのか調べる必要があります。

PSR

PSR=時価総額÷売上高
 PSRとは、Price Sales Ratioの略です。PERの代用の指標として用いられます。
ただし、PSRは利益の出ていない企業に対して用いられることが多いのです。
利益がない企業はあっても。売上高のない企業はありえないからです。
特に。ITバブルの時代のような、企業とは名ばかりの銘柄を評価する際に用いられました。
IT企業が成長し、今後利益が出ることを前提とした指標だったのです。
 はっきりいって、あまり役に立つ指標とは言えないようです。
よく言われますが、新しい指標が出てきたときには気をつけたほうが良いということです。
余りにも高騰した株価を正当化するために用いられることが多いからです。
 利益の出ていない企業は投資に値しません。
ですから、銘柄分析で”PSRで見て割安”といった表記があれば疑ってかかるべきでしょう。