2014年5月14日取引


決算発表も山場が過ぎましたが、概ね良好な決算だったようで何よりです。
個別銘柄物色の流れが続くと良いですね。
全部上がるのがいいのですが、それは現状では難しいでしょう。
ハブ 一部売り
平均取得単価 @3,620
平均売却単価 @3,930
・他の銘柄を購入するために売却。
ブロードリーフ 新規買い
平均取得単価 @1,650
・自動車産業関連アプリの開発会社である。
・自動車産業の裾野の広さを生かした事業展開が期待できる。
・バリュエーションではやや高めだが、成長性を考慮すれば十分買える。
・一度サービスが使われ始めたら、使われ続けるストック型の特性があると思われる。
・財務良好
FPG 新規買い
平均取得単価 @1,010
・航空機リースを商品組成し、その商品を税金対策として企業に売る事業を行っている。
・営業利益率が極めて高い。
・営業キャッシュフローが赤字になっている点が気になる。一時的なものであると思われるが、来期以降も継続するようなら売却。
東祥 新規買い
平均取得単価 @1,815
・スポーツクラブの運営等を行う。
・着実に成長している。
アイアール・ジャパン 新規買い
平均取得単価 @1,005
・企業のIRと株主情報に関するコンサルティングを行う。
・ややバリュエーションは高いが、収益力・財務力とも高い。
VTホールディングス 新規買い
平均取得単価 @580
・M&Aで取得した企業に自社のノウハウを注入することで成長を遂げる、自動車ディーラー。
・成長性は高いが、M&Aの成否次第だともいえる。
イー・ギャランティー 打診買い
平均取得単価 @2,070
・信用リスクを受託し、商品組成を行い販売する。
・バリュエーションはかなり高いが、成長性がそれなりに見込める。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。