2014年7月3日取引


当たると大きい、市況関連株を組み入れました。
山田債権君は、財務があまりよろしくないですが、他の3銘柄は財務が市況関連株には珍しく財務が良いです。
市況関連株を買うときのポイントの一つは、不況を乗り越えることができる財務力です。
ただし、本当は、高PERや赤字など、もっとどん底の状況の時に買うことが望ましかったと思います。
10年チャートで見ると、市況関連株をつい買いたくなります。
うまく行けば3,4倍くらいは当たり前だからです。
しかし、合計してもポートフォリオの5%に足りないほど少ないので、趣味の領域だと思ってもいいです。
アルバイトタイムス 新規買い
平均取得単価 @260
・近所で配っているアルバイト情報誌の厚さがどんどん厚くなってきているのを見て購入しようと思った(求人数は景気の遅行指数なので、あまりあてにはならないと思う)。
・財務内容は有利子負債ゼロで素晴らしいが、数年前までは赤字垂れ流し状態だった。
エン・ジャパン 新規買い 
平均取得単価 @2,200
・他の求人情報会社(学情、ディップ等)と比較してかなり割安である。
・財務内容は、ほぼ無借金。
山田コンサルティンググループ 買い直し
平均取得単価 @2,620
・企業の再生コンサルティングが主力で、今後倒産が増えてくると、利益獲得の場が増えるのかなと思った。
・財務内容は、ほぼ無借金。
山田債権回収管理総合事務所 買い直し
平均取得単価 @550
・債権回収を行うサービサー業務がメインで、不動産関連サービスも行う。
・来期見通しはかなり明るい。
・この種のサービス企業としては予想PER1桁なら安いかと思った。
・財務は、過去の赤字のせいでボロボロ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。