終わりの始まりか、始まりの終わりか


[上海 7日 ロイター] – 中国の太陽光関連メーカー、上海超日太陽能科技が7日に予定していた社債利払いが不履行となり、中国の債券市場で初のデフォルト(債務不履行)案件となった。
―――――
今回は、お上が民間を救済するという展開にはならなかったようですね。
今年1月27日にも、中国の理財商品があわやデフォルト寸前というところで救済されるということがありました。債券と理財商品という違いはありますが、お上が非効率な一企業を見捨てたということは評価に値すると思います。
お上が根拠もなしに民間を救済するとモラルハザードにつながることは明らかであります。投資家は、危険な投資でもお上が救ってくれると思えば、ハイリターンでもローリスクな投資をつづけることが可能になります。そして、本来破綻するべきような借り手も存続できるようになり、経済の非効率性が増してしまいます。最終的に、費用負担するのは、お約束通り、納税者です。
理財商品のデフォルト観測が続く中国ですが、まだまだ予断を許さないようです。リーマンショック級のパニックが来てもいいように、購入希望銘柄の準備はしておいて、損はないかもしれません。その準備が無駄になることを願いますが。


2014年3月1日~7日分取引


2014年3月1日~7日分取引です。
買付余力がなくなってきたので、しばらくは放置です。
シンプロメンテ 新規買い
平均購入単価 @1,115
       @1,180
買い増し後平均取得単価 @1,170
・飲食店が一度利用を始めると、継続的な収入が期待できる。
・売掛金をもたないシステムになっているので、今後の財務基盤強化が期待できる。
・バリュエーションとしてはやや高いが、成長性を加味すれば割安水準であろう。
・直近IPO銘柄だが、暴落しており、公開価格に近い水準になっているので、割安感がある。
・地味な銘柄であるため、評価されるためには時間が掛かるかもしれない。
エリアリンク 新規買い
平均購入単価 @120
・10年チャートで見ると、上値が期待できそう。
・現在の業績はまぁまぁ良い。
シュッピン 買い直し
平均購入単価 @1,250
       @1,260
買い増し後平均取得単価 @1,260
・損益分岐点を超えて、大きく利益が伸びるステージに来ているようだ。2014年第1集会社四季報にも<飛躍>と書いてあり、期待が持てそうだ。
・鑑定の専門家による、中古品の買取販売業務はそう簡単には真似出来そうもない。
ネクステージ 買い直し
平均購入単価 @605
・中古自動車の販売店。
・今後の出店計画に期待が持てるが、それなりのリスクを抱えている株である。
三洋貿易 買い直し
平均購入単価 @940
・ゴム・化学品の商社であり、メーカ―でもある。
山田コンサルティンググル―プ 買い増し
平均購入単価 @2,100
買い増し後平均取得単価 @2,160
・業績絶好調、財務良好。割安感も強い。
・コンサルティングに業態変更を行い、高利益率の会社になった。
こころネット 新規買い
平均購入単価 @1,100
・福島県にて、葬祭冠婚業を行う。
・地味にだが、業績が伸びている。
コスモスイニシア 新規買い
平均購入単価 @500
・元・リクルートコスモス。今は、大和ハウス工業の傘下にある。
・分譲マンションの売れ行き好調が見込める。
・10年チャートに魅力を感じる。


購入予定の不動産データー


所在地:群馬県桐生市
権利:所有権
立地条件:最寄り駅から徒歩15分
価格:土地値以下
築年数:築約30年、築約40年の2棟のアパート
現在入居率:10部屋中4部屋
管理状況:現大家による自主管理
満室時表面利回り:約30%
コメント:建物の状況は、あまり状態は良くないです。まさに、オンボロアパートという表現がピッタリです。現大家は、自主管理をしていたとのことですが、私から見れば、”自主放置”としか言いようがないです。空室には、ゴキ○リの死骸が多数転がっており、現況ではとても新規の入居者は期待できそうもありませんでした。また、新築以来新規の投資をした形跡が見えず、現大家のやる気のなさを感じさせます。
しかし、だからこそ、最低限の清掃やちょっとした新規投資をすれば、新規入居者を期待できると思われます。現況でも、10部屋中4部屋の入居者がおり、ポテンシャルは低くないと思われます。
表面利回りは高いですが、表面利回りが当てにならないことは承知済みです。それよりも、キャッシュフローについて考えるべきであります。ボロアパートなので、最低限の投資しか行わないつもりです。そうすることにより、入居者には低家賃を提供でき、こちらも大きなリターンを得られると考えております。