2015年7月16日現在ポートフォリオ

2015年7月16日現在ポートフォリオです。
ギリシャ債務問題と、中国本土株の大幅な下落が日本にも飛び火して、一時は大きく下げる展開となりました。その後は、ギリシャ政府の妥協や、中国の株価対策が功を奏したのか、小康状態が続いています。
今回は株価が大きく下げたところで、買えた点が良かったと思います。キャッシュポジションはいつもある程度保持しているべきであること、個別銘柄の株価が下げに強いディフェンシブなものもいくつか入れておくということの大切さを改めて知りました。
おおよそのポートフォリオ時価総額の金額順に並んでいます。
<個別株>おおよその平均取得原価 
山田コンサルティンググループ @3,500
フジ・コーポレーション @1,100
イーギャランティー @2,025
エニグモ @1,050
DVx @1,140
アイスタイル @750
あいHD @2,050
パラカ @1,135
東祥 @2,720
AMBITION @1,300
ポールHD @1,000
ウィン・パートナーズ @1,500
エイジア @1,115
PI @990
IRJ HD @1015
FPG @905
日本駐車場開発 @195
アサンテ @1,440
BS11 @1,070
バリューHR @1,630
ケネディクス @510
まんだらけ @790
<ETF>
MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信 @2,210
<投資信託>
eMAXIS 新興国リートインデックス @12,450 
eMAXIS 新興国株式インデックス @15,430
朝日-Nvestグローバルバリュー株オープン @14,680

6月26日~7月16日分取引

含み資産株の動きの緩慢さに嫌気がさして、含み資産関連は全部売ってしまいました。公示地価が大幅に上昇したというニュースにもピクリとも反応しなかったのが、嫌でした。面倒なので、含み資産銘柄の取引は割愛させて頂きます。
中国本土株急落&ギリシャ問題で株が大きく下がったので、だいぶ買い増ししました。より魅力的な投資対象に投資するため、資産の組み換えも行いました。嫌な予感がしたので、前もってキャッシュポジションを高めておいたことが功を奏しました。
エイジア 一部売却
平均取得単価 @980
平均売却単価 @1,715
・株価が理由もなく急上昇していたので、とりあえず売ってみました。そのあと、買戻ししてみました。
平均取得単価 @1,245
オリエントコーポレーション 全部売却
平均取得単価 @200
平均売却単価 @220
・他の銘柄を購入するために売却。
DVx 一部売却
平均取得単価 @1,140
平均売却単価 @1,230
・キャッシュポジションを高めるため。
アイスタイル 一部売却
平均取得単価 @520
平均売却単価 @1,240
・キャッシュポジションを高めるため。買戻しもしてみました。
平均取得単価 @1,090
買い増し後平均取得単価 @750
日本駐車場開発 買い増し
平均取得単価 @165
買い増し後平均取得単価 @195
・業績良好につき、ナンピンしてみた。
エニグモ 買い増し
平均取得単価 @1,190
買い増し後平均取得単価 @1,050
・今期決算予想が出た後なら、この株価であれば割安感があると考えた。
山田コンサルティンググループ 買い増し
平均取得単価 @3,975
買い増し後平均取得単価 @3,500
・M&Aのコンサルティングも実は行っている。注目されれば、妥当PERが上昇するかと思って買い増しした。
FPG 買い増し
平均取得単価 @840
買い増し後平均取得単価 @905
・個人投資家の間で一世を風靡した銘柄。税制規制強化に対する警戒心からだいぶ売られているが、業績は好調。
AMBITION 買い増し
平均取得単価 @1,160
買い増し後平均取得単価 @1,300
・ナンピンしてみた。
あいホールディングス 買い増し
平均取得単価 @1,920
買い増し後平均取得単価 @2,050
・業績は悪くないので、ナンピンしてみた。