アキュセラの連続ストップ安


アキュセラのチャート
アキュセラのチャート

後世にこの悲劇を残すために、ここにチャートを置いておきます。

2016年5月31日 1,990 前日比-1,400(-41.30%)
5連続ストップ安です。
ストップ安が連続すると、値幅制限が2倍になるみたいですね。
今日売れた人は、まだラッキーなのかもしれません・・・。

ちなみに、連続ストップ安の日本記録はITバブル崩壊当時の光通信で20連続ストップ安(東証1部)です。
光通信は2000年に年間値下がり率99.1%という記録も作っています。


バイオ株について思う。


2016年5月26日、バイオベンチャーのアキュセラ(4589)が開発していた加齢黄班変性薬の臨床データが発表され、統計的に効果がないことが分かった。「世界から失明を撲滅する」とぶち上げた同社だが、インサイダー疑惑までついてきて、まさに弱り目にたたり目である。一方の、マザーズの雄そーせいグループは、多くの開発中の薬剤を持ち、株価も比較的安定している。

バイオの世界は一寸先は闇なのだ。これは黎明期のIT業界にも似ている。ネットスケープ社という有償のウェブブラウザを開発していた企業があったが、マイクロソフト社が無償に近いインターネットエクスプローラを発表するとあっという間に駆逐されてしまった。バイオの世界は勝者総取りの世界であり、勝者は莫大な富を生み出し、そうでない企業は消え去っていく。

もし、ヤフー株の上場時に1株でも投資していれば大金持ちになれたのに、という人が良くいるが、その過程では多くの消え去っていった企業があることがあることを忘れてはならない。このような成長業界の投資には、いわゆる生存バイアスというものが働いている。消え去っていった企業は投資データからも消えるので、勝者のみのデータが残る成長業界への投資は儲かるという風に勘違いしてしまうのだ。

私は、バイオ株が極めて割安にならない限り、絶対に投資したくない。ある程度、業界の信頼性や秩序が整ってから投資してからでも遅くはないのではないだろうか。バイオ株なら何でも騰がるという異常な事態は、投資家の損失を招くだけでなく、市場の健全性をも損なう。投資家は、ITバブルで何を学んだろうかと思う今日この頃である。


2016年5月23日保有銘柄別コメント


<割安成長株>PER、PBRの割に高成長が見込める銘柄。比較的高ROEが多い。
アクアライン @930 水道修理業で第3位。リフォーム等にも事業を拡張中。
フジコーポレション @2,240 高級ホイール・タイヤを販売。冬場のスタッドレスタイヤの販売が業績を決める傾向がある。
DVx @1,160 医療機器の卸売会社。連続増収増益記録がすごい。独自の社風がある。
ポールHD @1,020 ソフトやプログラムのデバッグを行う。世界各地に拠点あり。
クロスマーケティング @390 アンケート業界では国内2位。国際展開に積極的。
ジャパンミート @1,130 肉のハナマサなどのスーパーを展開。焼肉店も。
山田コンサルティンググループ @2,840 経営コンサルティングを行う。M&Aのコンサルも行っているので時流に乗っている。
パラカ @1,590 駐車場の時間貸し業。ストック型ビジネスと考えられる。
フリュー@2,640 プリクラの消耗品で大きなシェア。若い女性向けマーケティングにも強み。
IRJHD @980 IRに関するコンサルティングを行う。
アサンテ @1,650 シロアリ駆除会社。農協と組んでいるので信頼性が高い。何年かに1度は再施工しなければならない。
アメイズ @780 九州地方を中心とした低価格ホテル。独自のサービスで展開先を広げている。
まんだらけ @730 収集家向けグッズの鑑定で圧倒的存在感。

<停滞型割安株>業績は伸び悩んでいるが、解散価値が期待できるもの
PLANT @1,250 北陸地方を中心としたスーパーを展開。
マルキョウ @690 九州地方を中心としたスーパーを展開。
小田原機器 @1,020 バスの運賃収受システム周りに強い。

<含み資産株>賃貸用不動産、保有株式の含み益が時価総額に比して多額存在するもの
三井倉庫HD @310 各地に含み益の多い賃貸用不動産を持っている。
光製作所 @830 家具屋だが、実態は不動産投資業だと思われる。流動性は低い。
澁澤倉庫 @290 各地に含み益が大きい賃貸用不動産を持っている。
飯野海運 @410 海運会社だが、ビルを数棟保有しており、含み資産銘柄でもある。
横浜丸魚 @430 当社の保有する横浜銀行の株だけで当社の時価総額を超える。
東京ドーム @500 都心の真ん中に一等地を保有。
東京會舘 @290 現在改装中だが、都心の一等地にレストラン等を展開。
武蔵野興業 @220 新宿にビルを持つ。自動車教習所もあり。

<景気循環株>景気の変動により大きな利益が見込めるもの
今村証券 @1,010 財務内容が良いのに、異常なほど配当性向が低い。
日本郵船 @210 三菱グループの祖業。

<投資信託>
eMAXIS新興国リートインデックス @12,450 含み損がすごいです・・・。手数料が安いのが救いか。
eMAXIS新興国株式インデックス @15,430 新興国株はボラティリティが高いから仕方がない。手数料が安い。
朝日Nvestグローバルバリュー株オープン @14,170 優良だと思ったアクティブファンド これからどうなるやら・・・。

<外国株>
HSBC(香港上海銀行)ADR 31.5米ドル 配当利回りに惹かれて。破綻することはまずないと思う。

キャッシュポジション 20%