スポンサーリンク

2019年12月6日現在ポートフォリオ

この記事は約4分で読めます。

2019年12月6日現在ポートフォリオです。

各銘柄上から順に
平均取得単価
保有株数
時価総額
一言コメントの順になっています。

保有銘柄の時価総額順に並んでいます。

MS&Consulting
@1,065
13,000株
13,689,000
顧客や従業員の顧客満足度を計測するストック型ビジネスを行う。
あまりIRが上手ではない印象を受けるが、業界一位のシェアを持ち着実に
利益を伸ばしている。

三機サービス
@1,304
11,000株
11,770,000
空調施設のメンテンテナンスを行う。含み損がかなりの金額あるが、ストック型ビジネスであり、業界でも一定の地位を占めていることから、静観の方針で行く。

ソーシャルワイヤー
@870
4,000株
4,268,000
企業のPR活動を支援する事業と、レンタルオフィス事業で主に成り立つ。
チケット制でPR活動支援を行っているため、前受け金が潤沢。レンタルオフィス事業はアジア各国に展開しているが、景気変動の影響を受ける可能性はある。

クロス・マーケティンググループ
@373
10,000株
3,730,000
ネットマーケティングに強い。

アクアライン
@1,307
3,000株
3,705,000
水道の修理やリフォームを行う業界第二位の企業。水道修理が増える厳寒が続くと株価が時々暴騰するシーズンストックの要素がある。

ファンデリー
@1,203
3,000株
3,450,000
老人や病人むけ給食に強い。今は、工場新設の為費用が先行し、投資期か。

シンクロ・フード
@508
6,000株
3,384,000
飲食店向け求人情報サイト等運用。飲食店の求人倍率は相当高いと推察されることから、求人費用増大が期待できる。

コラボス
@788
4,000株
3,152,000
カスタマーサービスを運用するストック型事業。

アルファクス・フード・システム
@1,444
2,000株
2,724,000
飲食店向け発注システムがメイン。ストック型要素あり。決算予想があまりあてにならない印象。

フロンティアインターナショナル
@2,207
1,000株
2,391,000
プロモーション企画に強い。

AmidAホールディングス
@900
2,000株
2,002,000
印鑑などオンライン販売を行う。

Mマート
@1,654
1,000株
1,650,000
飲食店向け食材のネット販売など。

翻訳センター
@2,000
600株
1,243,200
翻訳や通訳事業を行う。

ケアネット
@679
1,000株
811,000
医師向け情報サイト運営。

アイドママーケティングコミュニケーション
@533
1,000株
683,000
小売業者の販売促進を支援。

プラップジャパン
@1,424
300株
428,100
販売促進支援をメインに行う企業。

シンメンテホールディングス
@1,486
100株
219,200
空調設備メンテナンスを行う。ストックビジネスの要素あり。

ユニフォームネクスト
@1,807
100株
170,400
制服のオンライン販売を行う。

日本リビング保証
@988
100株
123,500
住宅機器の保証修理などを行う。保証料を先に受け取るビジネスが強み。

キャッシュポジション約1000万円 約15%
その他に世界の株価に連動するインデックスファンドに投資していますが、完全放置です。

<コメント>
あまり相場が動かないと思いきや、米国ダウ平均が史上最高値を更新する状況です。アメリカ株はあまりにも割高だと思うので、インデックス投資以外からは一旦完全撤退して日本株の割安成長株に専念することにしました。三機サービスの含み損が多く、全体としては含み損の状況ですが、アイドママーケティングである程度儲けられたので、今年のパフォーマンスとしては現在はよいほうだと思います。年末までに一波乱がないという前提ですが・・・。

含み資産株も投資を考えたのですが、ずっと銘柄をチェックしていないといけないので止めました。まめな人なら、含み資産銘柄で儲けるチャンスはあると思います。アクティビストの活動も活発化しているので、TOB,MBOなどで高値買取を狙う手もありでしょう。最近の銘柄で言えば、ホテル大手のユニゾや、ガンダムの版権の一部を保有する創通などで結構動きがありましたね。

私はまめではないので企業の成長とともに株価が上昇していくような銘柄に引き続き投資をしていきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました