投資基準

投資基準

重厚長大産業は投資に値するか?

かの有名な大富豪、ウォーレン・バフェット氏は、「煙突産業には気を付けるように」と、述べていました。煙突産業とは、設備投資が莫大であり、現状維持にも多額のキャッシュが必要な産業です。また、景気循環の影響を受けやすく、収益も安定しないという欠点...
投資基準

営業利益率≒企業の競争力である。

営業利益率とは、売上高に対する営業利益の割合です。 業界や景気動向にもよりますが、日本においては5%あれば良いほうでしょう。 100円の商品を売って、5円儲けられれば上出来です。 商社や銀行などは、一般的な会計体系とかなり異なりますので、営...
投資基準

時価総額

私が投資をする際は、時価総額が100億円以下を一つの目安としています。 これは、目安であり、絶対的なものではありません。 時価総額1000億円でも投資に値する価値のある銘柄はありますし、時価総額10億円でもダメな企業はダメです。 ただ、時価...
投資基準

景気循環型企業への投資

  景気循環型企業とは、業界の景気の良し悪しに対し業績が敏感に反応する銘柄のことをいいます。 景気の影響を企業が受けるのは、当たり前ですが、景気循環株銘柄の場合には特に強く影響を受けます。 業種としては、鉄鋼や造船など重厚長大産業が多いです...
投資基準

成長株投資

1.投資指標 株式は日本株だけでも星の数ほどあり、その中から成長株を見つけることはとても大変なことです。そこで役に立つのがスクリーニング機能です。ある一定の条件を設定することでコンピュータが条件に合う銘柄を探し出してくれます。 ここでは、著...
投資基準

部門別投資について

株式には、様々な特性があります。 成長に伴って純利益が増加し株価が値上がりしていくタイプや、景気の動向に対して敏感に反応して急激に上げ下げを繰り返すタイプなどです。  売買のタイミングにも関ることなので、自分が投資した銘柄がどのような値動き...
タイトルとURLをコピーしました