カテゴリー別アーカイブ: 投資基準

時価総額

私が投資をする際は、時価総額が100億円以下を一つの目安としています。
これは、目安であり、絶対的なものではありません。
時価総額1000億円でも投資に値する価値のある銘柄はありますし、時価総額10億円でもダメな企業はダメです。
ただ、時価総額100億円以下の銘柄には興味をそそられるものが多いということです。
なぜ、時価総額が低い銘柄に興味があるかというと、時価総額の低い銘柄は往々にして、注目されていないことが多いからです。コスト面から分析しているアナリストがいない、もしくは皆無という銘柄です。当然、機関投資家も投資してきません。そこに、価値と価格の差が生まれ、利益を得るチャンスが出来ます。実際に、小型株のリターンが大型株のリターンを上回ることは、「小型株効果」として知られています。「小型株効果」はアノマリー(理論的には説明できないが、実際に発生している現象のこと)です。
時価総額の低い銘柄を購入できるというのは個人投資家の特権であります。特に、機関投資家が投資するためには、時価総額の基準をクリアしていなければならないという不条理があります。ある機関投資家が、時価総額10億円の良い銘柄を見つけたとしますが、社内規定により時価総額100億円以下の銘柄は買ってはならないとします。企業が成長したり市場に評価されるなどして、時価総額が100億円を超えるとようやく買うことが出来るのです。こうして、時価総額100億円の銘柄は過剰評価されたり、成長余地がほとんどないような銘柄が多くなってしまいます。
ただし、時価総額の低い銘柄の中には、企業のカバナンスが未成熟であったり、事業基盤が未成熟である場合もあるので、注意が必要です。ただ単に時価総額が低ければ良いというわけではありません。

景気循環型企業への投資

  景気循環型企業とは、業界の景気の良し悪しに対し業績が敏感に反応する銘柄のことをいいます。
景気の影響を企業が受けるのは、当たり前ですが、景気循環株銘柄の場合には特に強く影響を受けます。
業種としては、鉄鋼や造船など重厚長大産業が多いです。景気循環株の特徴としては、業界の景気が悪い時には巨額の赤字を計上し、業界の景気が良いときには巨額の黒字を計上する傾向にあります。
ですから、業界の景気が悪いときに買って景気が良いときに売れば、株式投資で儲かる可能性は高くなりますが、景気の底で景気の天井なのかはなかなか分からないので難しいというのが実情です。
また、業界がずっと停滞したままである可能性も否定できません。しかし、底値で仕込んで天井値で売れれば買値の数倍や時には数十倍の利益が得られることもあるので、ハイリターンを得られるという魅力はあります。
景気循環株で注意する点は、一見すると割安に見える低PERのときに買うと天井で買ったことになる可能性が高いということです。
景気循環株では、業界の天井付近では巨額の黒字を計上する傾向が強いですが、投資家はこの収益が永続すると思っていないので、収益の割には高い株価がつきません。
よって、景気に左右されにくい業界の銘柄に比べると低PERの評価しか受けない傾向があります。
低PER=割安だと思ってしまうと、業界における景気の天井付近で株式を購入してしまうことにもなりかねないため注意が必要です。
一方、景気循環株は、業界の景気がどん底付近になると利益は激減し巨額の赤字を計上するようになります。
業界の景気がいずれ回復するとするなら、このどん底の時期に銘柄を仕込むべきなのですが、高PER=割高、赤字=悪という考え方だと銘柄を仕込むことができなくなってしまいます。
このように、景気循環株には他の銘柄とは異なった特性があります。