創業者一族が支配する企業の魅力と弱点


国営から始まった企業以外では、創業者がいます。例えば、ソフトバンクの孫氏、ニトリの似鳥氏、ファーストリテイリングの柳井氏などが著名です。創業者一族は、株式の多くを所有します。一方、NTTは財務大臣が首位株主で、創業者一族と呼ばれるような人たちは存在しません。
大株主である創業者一族は、企業のカバナンスが正常であれば、株を多く保有する創業者一族と一般株主の利害関係が一致します。すなわち、より多くの株式リターンを生み出すということです。先ほど例に挙げたソフトバンク、ニトリ、ファーストリテイリングの3社の凄まじいほどのリターンは周知のとおりです。弱点としては、、企業のガバナンスがうまくいっていない場合には、大株主である創業者一族が一般株主の利益を損じてしまう場合があります。例えば、数の優位を頼みにした、低株価でのMBO(経営陣による株式公開買い付け)などです。
一方、NTTなど創業者一族が存在しない、または、創業者の存在が小さくなってしまった企業では、雇われ経営陣が大きな権力を握ります。雇われ経営陣にとっては、自己の報酬を最大化する事が目的になりがちで、株主の利益が損なわれる可能性もあります(エージェンシー問題)。
企業に投資するうえで、大切なのは、経営陣が本当に株主のことを考えているかです。創業者一族がどのようなスタンスで投資家に臨んでいるのかについて詳しく知る必要があります。例えば、自社株の買戻しや配当で株主に報いる傾向があるのかを知る必要があります。単に、企業の安泰のために利益を内部留保するだけの経営者もいるので注意が必要です。


ストック型ビジネスとフロー型ビジネス


  ビジネスには、大きく分けてストック型ビジネスとフロー型ビジネスがあります。
ストック型ビジネスの代表例としては、電力事業やガス事業が挙げられます。
ほぼ毎月決まった収入が入ってきて、契約者が増えれば収益も増えていく事業のことです。
ある程度、収益の見通しもつき、また事業の安定性も高いので、手堅い投資である傾向があります。
一方、フロー型ビジネスは、売上の増減が激しく、取引が一度きりというビジネスです。
フロー型ビジネスは、安定性はないですが、爆発的な売り上げ増が期待できます。
しかし、持続力は無いことが多いので売り時を間違えると大変ですが、業績が絶好調のときに売り抜ければハイリターンが期待できます。


株式分割を頻繁に行う企業


株式分割は、増配と並ぶ株主への利益還元策といわれていますが、理論的には株価に中立です。
企業が1株を2株に分割するとした場合、企業全体の価値は変わらないので、1株あたりの株主資本や1株あたり利益は2分の1になり、理論株価も2分の1になります。
しかし、配当の額を分割したほどには減らさず、実質的な増配とするケースがあります。もともとの株式の配当金が70円だったとする場合、2分割すると配当金は35円になるはずですが、50円にとどめることで実質的増配が行われることになります。
また、株価が安くなることで個人投資家が買いやすくなるというメリットがあります。
売買単位が変われないとすると、分割前より株式購入に必要な金額が少なくなり、株価が高い値嵩株の場合には個人投資家にとって便利になります。