カテゴリー別アーカイブ: 株式の選び方

格付けの悪化

企業の財務内容には格付けが付けられることがありますが、
それはあくまで私的なもので公的な意味合いのあるものではありません

格付けの悪化は、業績が悪化した結果にしか過ぎないことが多いのです。
特に破綻直前企業の場合、投資を控えるには手遅れになってから格付けが低下することが多いので、あまり当てにはならなりません。
格付けは参考程度にして、他の投資指標をよく見たほうがよさそうです。

ROA

総資本経常利益率=経常利益÷総資本×100
ROAとは、経常利益を総資本で割ったものを表し、総資本経常利益率といいます。
総資本は、会社の経営に使われている全ての資本を表します。
銀行などから借り入れしてきた他人資本と、株主から出資された株主資本をあわせて、会社は営業活動を行っています。
総資本利益率は、投下された資本がいかに効率よく利益を上げたかを意味します。
日本企業の平均値としては5%くらいです。
10%程度あれば、優良企業といわれます。過剰設備を抱えて、資産が大きくなっているとROAは低くなります。