株式の選び方

株式の選び方

資産バリュー株の選び方

 資産バリュー株を見つける上で、最も基本的な指標はPBR(株価純資産倍率)です。 株主の持分である純資産が株価に対してどのくらいの比率であるか示す指標です。 一般的には、PBRが1倍を割れると割安といわれていますが、不況期には東証1部上場の...
株式の選び方

キャッシュが着実に増えている企業

 企業は、営業活動でキャッシュを稼いで行きますが、投資活動でもキャッシュが必要とされます。投資活動は、単に以前と同様の営業活動をするために必要な投資と、成長するために行う投資があります。 前者の例としては、一般的に重工業では競争力を維持する...
株式の選び方

本業と関係のないM&Aに熱心な企業は避ける

 M&A(企業の合併・買収)というと、一見すると華やかな感じがします。 巨大企業がM&Aを繰り返しさらに巨大化していく様や、企業規模では圧倒的に小さい企業が大企業を買収する様はドラマや映画の題材にもなっています。 しかし、実際のM&Aはうま...
株式の選び方

経常利益

経常利益は、営業利益±営業外損益として表されます。 営業外損益の主要なものとしては、利息が挙げられます。 有利子負債が余りにも大きい場合は、支払利息で多くの利益が消えてしまいます 。利払いが固定的な費用の大部分を占めてしまい、利益を圧迫して...
株式の選び方

売掛金の額と増減

  営業活動では、かならずしも売上が現金で入金されるわけではありません。 1ヵ月後に入金される場合もよくあります。 もし、売掛金が回収できなければ、表面上は売上や利益が出ているように見ても、商売としてはまったくの大損です。 売掛金が回収でき...
株式の選び方

収益バリュー株の選び方

 収益バリュー株を見つける上で基本的な指標がPER(株価収益率)です。 株価÷一株あたり収益で計算されます。 PERは、株価が一株あたり収益の何倍であるかを表し、PERが高いほど市場から高く評価されているとされます。 例えば、一株当たり利益...
株式の選び方

TOBというリスク

TOB(株式公開買付け)というと、なんだか儲かりそうなイメージがありますよね。さまざまな戦術を駆使した派手な買収合戦、それに伴う買い付け価格の値上がり。 何となく儲かりそうな気がしてしまいます。 しかし、TOBのかなりの部分は株主にとって必...
タイトルとURLをコピーしました