株式の選び方

株式の選び方

本業と関係のない事業への進出

企業には本業というものがあります。 企業が多角化していくとしても、本業と何らかの関係がある事業へと進出していくことが一般的です。 何の関連性もない事業へと多角化しても失敗する可能性が高く、”多悪化”となるのがオチです。  しかし、なんの戦略...
株式の選び方

ROE

株主資本当期利益率 =税引き後利益÷自己資本×100 ROEとは、当期利益額を自己資本の額で割ったものを表し、株主資本利益率といいます。 当期純利益とは、経常利益から特別損益を加減して税引き前利益を出し、そこから税金を引いた税引き後利益のこ...
株式の選び方

債務超過かどうか

企業には、たいてい利子のつく負債があります。 負債が資本を上回っている状 態を債務超過といいますが、債務超過になれば、会社が立ち行かなくなるのも時間の問題です。 過去の赤字の累積が株主資本を上回った状態を債務超過というので、過去の利益を食い...
株式の選び方

有利子負債の大きな企業

  有利子負債が大きい企業というと、経営不振に陥り借金を返済できないような企業を想像してしまいますが、適切な額の負債は、企業にとって必要なものです。 有利子負債の大きさが企業の大きさと比べて不釣合いに大きくなったときに問題が生じます。業種に...
株式の選び方

ニッチ産業のメリット・デメリット

ニッチ産業は、市場規模が小さいため小回りが利かない大企業の参入が難しく、小規模企業が高シェアを得ている場合が少なくありません。 市場規模が小さいため、先行企業が高シェアを取っていると他社の参入も難しくなり独占や寡占状態が発生しやすくなります...
株式の選び方

技術力が収益力につながるとは限らない

企業の中には、多数の特許を持ち、技術力があることを企業の特徴としているところがあります。 特に、総合電機メーカー系に多いようです。 しかし、総合電機メーカーの収益力が素晴らしいかというと、全然ダメです。 一方、技術力があまり必要ないことが多...
株式の選び方

営業利益率の推移

 企業というものは、利益を出さなければ存在価値はありません。 利益が減少するというのは、企業にとっては一大事です。 しかし、競争の激化や商品力の低下などで利益獲得力が低下するのはよくあることです。 そこで、注目したいのが営業利益率です。営業...
タイトルとURLをコピーしました