カテゴリー別アーカイブ: 株式投資の基本

株式投資のリスクの減らし方

株式を購入する人は、値上がりすると思ってその株式を購入しますが、値上がりしないどころか値下がりしてしまう場合もあります。
株式を変動させる要因には金利の動向や天変地異など数えればきりがないほどあるので、将来のことを完全に予想できない以上、株式投資で絶対に損をしないということは不可能です。
できることは、株式投資でいかにリスクを小さくするかということです。
 リスクを小さくするためのポイントは、分散投資を行うということです。
例えば、景気の影響を受けやすい企業と受けにくい企業のように異なる値動きをする銘柄に分散することで、一方で損失が発生してももう一方で利益が出れば損失を減らすことができます。
分散効果は、銘柄が多ければ多いほどリスクが減っていくので、投資可能資金の範囲内である程度、投資銘柄を分散するようにしたほうがよいでしょう。

資産運用の必要性

現在、資産運用の必要性が高まっているといわれています。
主な資産運用手 段とされてきた貯蓄の魅力が著しく低下しているため、他の資産運用手段を見つける必要性が出てきたのです。
また、企業の年金も確定給付型から確定拠出型に変わりつつあったり、年金や雇用に対する不安もあります。
このような状況の中でこれまでのような貯蓄中心の資産運用に変化が求められています。
例えば、株式や外国債券、不動産などが他の資産運用手段として挙げられます。
しかし、貯蓄に慣れ切った人がいきなり他の運用手段に手を出すのはハードル が高いものです。
やはり、いろいろと調べてから様々な運用手段を行っていくことが大切です。
手間を惜しむ人には資産運用が難しい時代になってきたということです。