バリュー投資とは何か?


バリュー投資と聞くと難しく聞こえますが、実は当たり前のことです。
例えば、1000円の価値のある株式を800円や500円で買うことを言います。
株価はいずれ本来の価値である1000円になると考えられるので、本来の価値と購入した際の価値の差が利益となります。
つまり、株価が株式の価値を下回っている株式に対し投資を行うことをバリュー投資と言います。
バリュー投資がなぜ成り立つかというと、市場は必ずしも合理的ではないからです。
市場全体が悲観的になると1000円の価値がある株を500円だとしても売りたい人が多く現れます。
市場がいつも合理的なら1000円の価値がある株はいつでも1000円で売買されるはずですが、実際の市場では市場参加者の感情が株価に大きく影響を与えます。
 
ただし、バリュー投資は、株式の価値を見極めることが難しいという問題があります。
株式の価値の分析方法には複数通りあり、それぞれの方法ごとに異なる価値が算出されます。
同様の方法だとしても、条件を少し変えるだけで異なる株式の価値が算出されます。
つまり、株式の妥当価値は考え方により変わるので、絶対のものではありません。


損切りはするべきか


 損切りとは、企業の業績や、市況に関らず、一定の損失が出た場合、自動的に株式を売却することを言います。ロスカットともいいます。例えば、1000円の株式が10%下がったら売ると決めていた場合、900円で売ることになります。
 利点としては、損失の実現をを先延ばしにしがちな人間な心理(損失回避心理)にとらわれないことが挙げられます。
損失が増加しつつあるときに一定の損失率で株式を売却することで、それ以上の損失を防ぐ効果があります。
株価が一定金額以下に下がったときに株式を売却するので、いわゆる塩漬けの状態を回避でき、キャッシュポジションを保持することが可能になります。
キャッシュを保有していることで、その後、さらに株価が下がっていったら、また買い戻すことも可能になります。
 短所としては、銘柄分析でもともと割安な株と判断していた銘柄を購入していた場合、その銘柄分析のの正当性が失われてしまうということです。
しっかりと銘柄分析をして、割安だと判断したのに、損切りをしてしまっては、銘柄分析の意味がなくなってしまいます。
すなわち、投資家としての自信喪失につながってしまいます。
 また、セリングクライマックス(売りが集中して売り物が出尽くし、大勢が一気に買いに転じるような局面)のときには、底値で売ってしまい、買い戻せない可能性があります。
 私個人の見解としては、条件付で損切りは必要ないと思います。
損切りの必要が無いような投資に値する銘柄ならわざわざ損失を出してまで売る必要はないと思うからです。
損切りの必要が無い銘柄なら、どんどん株式を買い下がっていくナンピンと呼ばれる手法をとっても構わないと思います。
ただし、投資するに値する銘柄は数が少ないので、二流三流の銘柄は損切りも必要なのではないかと思います。


キャッシュフロー


資金の出入りのことをキャッシュフローといいます。
黒字倒産という言葉があるように、帳簿上では利益が出ていてもキャッシュの流れが滞り、倒産してしまうことがあります。
ですから、キャッシュフローにも注目しておくことが必要です 。
キャッシュフローは、営業、投資、財務の3つに分けられます 。
営業キャッシュフローは、企業が本業である営業活動を通 じていくらキャッシュを稼ぎ出したかを示します。
ここが継続的に赤字の企業は要注意です。
投資キャッシュフローは、投資活動によるキャッシュの出入りを示します。
企業は、投資活動を継続的に行っている場合が多いので、赤字になるケースが多いです。
財務キャッシュフローは、企業の中でキャッシュの過不足が発生した結果、調整する状況を表しています。
キャッシュが足りなければ銀行などからキャッシュを調達し、キャッシュが余ればキャッシュを返済します。